大晦日の浜の様子 (081231)
正月のご馳走として欠かせない「ブリ」。
大晦日の浜では、養殖業者の方々がそれぞれ販売しています。
大々的に宣伝しているわけではないものの、スーパーや魚屋さんで購入するよりは格安なのでたくさんの方が求めに来ます。
南串の養殖ハマチは「雲仙ぶり」という名前をつけ、雲仙ブランドにも認定されています。

こちら順陽丸、、活〆めした「雲仙ぶり」の血ぬきをしています。。
b0022188_9411436.jpg
10時前後が一番人が多かったようです。

中村水産(昭栄丸)で沢山の写真を撮影させてもらったものの、アクシデントで全てパーに、、すみません。その後再度出向いたところ、雲仙ぶりは終わっていました。。
b0022188_9451524.jpg
児島前の生簀に船を走らせ、次はトラフグを積んでくるそうです。
ちょうどタイを求めるお客さんが来たため、タイを締め、重さを量っていました。
b0022188_9483231.jpg
b0022188_9485353.jpg
トラフグです♪b0022188_9493224.jpg
寒い中ですので、火を囲み網の上にはヒオウギ貝などを焼きながらながら作業していましたよ。b0022188_950548.jpg

来年は中ノ場港の様子を見に行って来たいと思います。もっと早い時間に・・・
[PR]
by tenyomaru | 2008-12-31 23:32 | 風景
<< おせち料理 (090101) 今朝の水揚 (081228) >>