祝・世界ジオパーク認定!!(090825)
8月23日、島原半島が世界ジオパークに認定されました。世界ジオパークとは、地形・地質・岩石などの地質資源を保全しながら教育や観光などに活用し、さらには地域振興につなげるもので、地質版世界遺産ということだそうです。

食の世界遺産と称される「エタリの塩辛」「雲仙こぶ高菜」も国内第1号の認定でしたし、「地質&食の世界遺産を有する島原半島」とバンバン宣伝して欲しいものです。

昨日は、雲仙の東洋館で「雲仙天草観光圏発足シンポジウム」が開催され、愛好会の三木会長と参加してきました。

島原半島の観光が成すべきこと!というテーマで3人の講師の方々が話をされましたが、
せっかく世界ジオパークに認定されても地元の人がちゃんと語り説明できるのか、他市の良いところ、見どころを説明できるか、といった観光業に携わる人たち、そして地元の人たちの意識を変えなきゃいけないと痛感しました。
地域資源を生かすも殺すも住民次第ですよね・・・

そうそう、一人の講師の方が繰り返し言葉を強くしていたこと。。。
観光業の低迷は、とかく「景気」「交通」を理由に挙げるが、原因はそこではない!!と、、、
実際、不景気だから、不便だから、というフレーズはよく耳にしますが、不景気でも不便でも儲かるところは儲かっているし、客層の変化、ニーズの変化にいかに素早く対応しているか、大切なんですよね。

興味深い話が次から次と聞けて、とても面白いシンポジウムでした。
でも、本当は今日の午前中開催された、市長を交えたパネルディスカッションも参加したかったです。どなたか参加された方、どんな議論があったのか教えてくださいね!!
******
b0022188_17513085.jpg
昨日の帰り道の景色です。写真では上手く撮れていないのでわかりにくいですが、実際は本当にきれいで、思わず車を降りて眺めてしまいました。島原半島をぐるりとドライブした際には、夕方、南串で夕日を眺め、雲仙&小浜温泉に宿泊してもらいたいものです。
[PR]
by tenyomaru | 2009-08-25 17:55
<< 現在休漁してます (090825) 水揚げの様子 (090818) >>