丸ごとイワシの蒲鉾! (220414)
これからは、養殖魚の餌じゃなくて全部かまぼこ原料となるよ!

煮干にならない脂がある大きいカタクチイワシは
養殖魚の餌に仕向けられています。
餌の単価は安いので、量的に大量に獲れないと採算が合わないので出漁は見合わせるケースも多々あります。

そんな状況下、
長崎の杉永蒲鉾の会長が、カタクチイワシを丸ごと(頭も腹も)使った蒲鉾もできるんじゃないか、と試作品を積極的に作っています。
そして出た言葉が冒頭のとおり。
まだ完全ではないものの、蒲鉾原料として丸ごとすり身が活用される光がみえてきました。
画期的です!!!!

遠心分離機やなにやら複雑な手順を用いて、というわけではありません。
今週中にすり身の製造現場をみせてもらう予定ですので、その報告を乞うご期待。

試作品のイワシかまぼこ(鶏唐揚げっぽい仕上がり)
b0022188_9392075.jpg
苦味がなく、内臓が入っているとは思えない!これはカルシウムも豊富で栄養バッチリですよね!!!
(天洋丸が3月に漁獲、漁連で冷凍していた原料を使用してます)
[PR]
by tenyomaru | 2010-04-14 09:41 |
<< もうすぐ開店!!(220415) ここ最近の天洋丸は・・・(22... >>