二黄卵 (100601)
オムレツを作ろうと卵をパックから取り出し、
割るたびに二黄卵が出てくる出てくる。。
↓卵5個分です!
b0022188_9493114.jpg
長女に見せたら、「えーなんで?ちょっと怖くない?!」と言われ、心配になって調べてみました。

ウィキペディア(Wikipedia)「鶏卵」より、以下引用

鶏卵を割った際に、稀に卵黄が2つ入っていることがある。このような鶏卵を二黄卵(「におうらん」、俗に言う双子卵または「にこたま」)と言い、その殆どは産卵開始後間もない若鶏の産んだ卵である。産卵開始直後で排卵のリズムが一定しない時期に複数の卵黄が連続して排卵される事で出来てしまうが鶏のごく普通な生理現象であり、薬物投与等の人為的方法で作り出されることは無い。外見が普通の卵よりも細長く全体的に尖り、大きさや重さが飛び抜けているため、産卵開始後間もない若鶏しかいない養鶏場であれば比較的簡単に見分けられる。味的にはまったく変わらないが、ごく一部の人は気持ち悪がるかもしれないという理由で出荷前に取り除かれていたが、1998年頃から、後述の二黄卵多発鶏種により生産し選別されたものが流通をしている。
*********
自然発生的で何も問題なくて一安心(笑)
さらに、黄身が二つの卵は中国では大変縁起がいい、とされているらしくて、
「ラッキー!!」と思うことにします。
でも、そんな細長くもなかったし、やたら大きいわけでもなかったんだけど???

10個入りパックの中で、普通の卵は2個だけであとの8個は二黄卵でした。
オムレツよりも目玉焼きにすれば、子ども達も喜んだかもしれません。
オムレツの味?もちろんフツーに美味しかったようです。
[PR]
by tenyomaru | 2010-06-01 10:03 |
<< 今朝の水揚げ(100602) 今朝の水揚げ(100601) >>