じゅうごんちのかえばしら (110115)
1月15日は「じゅうごんちのかえばしら」。
南串では、餅に入れた粥を神仏に供える日です。
正月のうち、この日までは粥を炊くものではないと言われていました。

毎年竹下家では、小豆がゆに餅をたきこんだ「かえばしら」を義母が作り、食べています。
b0022188_12241819.jpg
塩味と小豆の美味しさ、そして粥と餅が一緒になった食感が楽しめる料理です。

そうそう、、、
11日の鏡開きにはちゃんとぜんざいも食べましたよ~
[PR]
by tenyomaru | 2011-01-15 23:20 | 行事
<< 今朝の水揚げ(110115) 今朝の水揚げ(110114) >>