ウラどおり探検隊〜南串山編〜その2(110710)
7月9日(土)に雲仙市ガイド協会が開催した
ウラどおり探検隊〜南串山編〜に参加しました  の続き。

その1では一乗院しか紹介してませんね。

文化センターを10時10分頃にスタートして、
一乗院、そして県道をプラプラあるきながら
八幡神社→震洋特攻基地→京泊漁港→文化センターゴール
のコースです。

プラプラ歩きながら(さらく?)
ガイドさんの「この消火栓がレトロでかわいいですよね」の声。
b0022188_16212462.jpg
やだ、しょっちゅう見てるのに「かわいい」なんて感覚、言われるまで気がつかない!!なるほどね。

ここはバスが通ってた頃、道の両側の屋根がセリ出てたからスレスレで通ってたよ、と参加者のオジサマの声。県道開通当時は「こがんひろか道ば だが通るとじゃろかい 運動会してよかたい」と住民が話し、開通式当日は人力車が35台も続いたんですって。(ガイドさん談)
うそでしょ?!乗用車がゆっくりとすれ違える幅なのに!

そして八幡神社ではアコウの木などを見学
b0022188_16315315.jpg

浜の裏道を通りながら、昔はこの道がメインどおり、と研修所(元網元宅の古民家)にも立ち寄りました。

沖波戸のえびす様では
b0022188_16333425.jpg
鯛の抱え方がそれぞれ違いますね♪ ホントだ!

特攻基地跡では蚊に刺されながら、人間魚雷である震洋艇の格納庫を両岸に掘って・・・の説明。それから目の前に広がる美しい海の眺めに皆さん釘付け。
b0022188_1638992.jpg


その後、漁港の船をみながら、煮干の話などをしながら漁協の脇をとおり、ちょうど運搬船が氷積みをしていたので砕氷機も見学。そのまま港沿いを歩いてゴールの文化センターに到着したのが11時45分でした。

普段見慣れた風景も、ガイドさんの説明で、
ふむふむなるほど〜、へぇ〜と感心することが沢山ありました。
ガイドさんは別に南串の方ではなく、吾妻の方。
南串の郷土誌を熟読し、何回も現地に足を運び、いろいろな方のナマの話を聞き、一生懸命勉強したからなんでしょうね。一山さん!素晴らしいです!

さて、ウラどおり探検隊は、雲仙市観光ガイド協会のHPをチェックすると
次回は7月25日(月)に瑞穂編
集合時間:午前10時 集合場所:みずほの森渓流公園駐車場
涼を求めて岩戸神社の周辺散策と森林浴でリフレッシュ!!1時間程度の散策です。

その次は、8月7日(日)に雲仙編
集合時間:午後2時 集合場所:原生沼かきつばた公園
昔から避暑地としてにぎわった雲仙温泉街は麓より2~3度低いんですよ!!
約1時間半の散策です。

あ〜雲仙行ってみたい!
参加料は500円です。

1時間〜1時間半程度で歩いて散策できるコースって、南串でほかにできないかな〜
やっぱり国崎あたりが良さそうかな。
[PR]
by tenyomaru | 2011-07-10 16:56 | 風景
<< 今朝の水揚げ (110710) ウラどおり探検隊〜南串山編〜そ... >>