一日遅れて鏡開き(060112)
今日は暖かかったですね。3月下旬の暖かさだとか。

鏡開きは1月11日ですが、我が家では一日遅れ。
朝から餅を焼いて食べ、義母が作ってくれたぜんざいを分けてもらい夕食後に食べました。

鏡開きは鏡餅を刃物ではなく、手か槌で割り、汁粉などにして食べる行事で、帳開き、農始め、蔵開きとも言うそうです。(郷土誌「みなみくしやま」による)
我が家の場合、パック入りの小餅が入っていた「サトウの鏡餅」を飾っていたので、餅を割ることもせず、パックを開封しただけでした。
子ども達の朝食は餅をフライパンでバターで焼き、砂糖醤油をからめて焼き海苔で巻いたもの。

実はぜんざいに入れた餅は先月、近所の棟上で拾った紅白餅でした。。まっいいか。
b0022188_7524418.jpg
関東でいう「おしるこ」ですが、こちらでは「ぜんざい」。汁は甘くても小豆の味がしっかり残っていました。
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-12 23:58 | 行事
<< サッパ=ハダラ (060113) 今夜から休み(060112) >>