スローフードフェア2006 (060429-30)
パシフィコ横浜で4月29日と30日の二日間、「スローフードフェア2006」が開催され、日本の味の箱舟(アルカ)のコーナーに、「雲仙こぶ高菜」と「エタリの塩辛」のブースを出展しました。
b0022188_133221.jpgb0022188_1332080.jpg

午前中、愛好会の三木会長と一緒に販売用の塩辛をパックに詰めたりしているうちに、あっという間に開場時間の12時となり、入口には開場を待つ多くの方の行列が・・・。入口で入場料1000円を払い、紙皿&箸を持って大勢のお客さんが各ブースに流れ込んできました。
b0022188_134267.jpgb0022188_1344016.jpg

b0022188_1363638.jpg右写真は長崎県のブース(雲仙こぶ高菜&エタリの塩辛&特別友情出展「都城市の有機野菜」)です。エタリの塩辛は3月5日漁獲・漬け込みで塩は沖縄の塩シママース使用、50日経過しちょうど良く発酵していました!一パック150g800円で特別販売。
b0022188_1373771.jpgb0022188_138189.jpg


b0022188_1572237.jpgエタリの塩辛のブースも、次々に人が押し寄せ、「カタクチイワシの塩辛です。塩気がきついのでレタスやキャベツと一緒にどうぞ!」と一生懸命勧めて、多くの人に試食してもらいました。
(水産大OB山脇氏には多大なる協力をしていただきました。多謝!)

b0022188_139052.jpgb0022188_1391511.jpg
反応は、第一声が「しょっぱい」「おいしー」と言う人、様々でしたが、年配の男性だけでなく、若い人(男女問わず)もかなり高評価で、熱心に話しを聞いてくれたり、実際、購入してくれたりで驚きました。

わざわざスローフードフェアに来る人ですから、普通の人よりも食に対してのこだわりや味に対しても通的な感覚を持っている方が多かった、とも考えられ、今回の評価が一般消費者の反応とはいえないと思います。でも、小学生の男の子が「おいしい」と笑顔で感想を言ってくれたときは、思わず「塩辛食べられたんだ、すごいねーー、ありがとう!!」と興奮してしまいました。我が子も食べられないのに・・・

b0022188_1403271.jpg長崎のブースの隣は宮城の「長面の焼きはぜ」「余目ねぎ」のブース。焼きはぜのだしを試飲したところ、やっぱり美味しい。このだしで作った仙台雑煮をぜひ食べてみたいものです。仙台に住んでましたが、全く仙台雑煮なんて知りませんでした。
その他、大豆テーマブース、全国のスローフード支部ブース、どこも大盛況。
b0022188_2187.jpgb0022188_212957.jpg

でもはっきりいって、あまり他のブースを見学できず、試食も少ししかできませんでした。次回は客としてゆっくり楽しみたいものです。(色々食べまくりたかった・・・)
それにしても無事に終わってホッとしました。三木会長ならびに長崎県東京事務所の杉浦さん、お疲れ様でした。他、お手伝いしてくださった皆様方、本当にありがとうございました!!

帰りにみた夜景はよかった。。久々の横浜、もっとのんびりしたいーー
b0022188_235690.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-04-30 23:31 | エタリの塩辛
<< おたふくかぜ (060504) お知らせ (060428) >>