長崎県農水産物ブランディング委員会 (061025)
第6回ブランディング委員会があり、公募委員である私も出席しました。16年~18年度の3ヵ年の事業なのですが、今年度で「はい終わり」というものでもなく、次年度以降もブランドプロデュース事業は継続して行われるらしいです。
種をまいて今年度が刈取りの時期、と説明していましたが、刈り取って同じ種をまた蒔くのか、大きな実をつけだろう別なアイテムを新たに蒔くのかはまだわかりません。

県内の農水産物に対して首都圏の有名デパート等を対象に、県が販促ツールを作って、どんどん売り込みをしてくれている、、、どれだけのお金と人がつぎ込まれているか、生産者は大いに感謝してより良いものをつくらなくては罰が当たりますよね。。

それにしても、長崎県内でもっと地元農水産物を使った食品加工業が盛んになって欲しいものです。まずは、「長崎さちのか」「長崎みかん」「長崎ばれいしょ」「長崎アスパラ」を使った土産菓子を作れば?!
b0022188_1120386.jpgb0022188_11201670.jpg
庶民の口にはあまり入らない?ごんあじ、壱岐牛、なお壱岐剣は今年は出荷なしだとか。

そう庶民の味方はやっぱりジャガイモ!!最近、関東地方では長崎のジャガイモはよく見かけられるそうで、味の点から言っても他産地よりもダントツ美味しいし、見た目もきれいな「長崎ばれいしょ」は私もおススメです。b0022188_11202555.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-10-25 23:53
<< 今夜は出漁します (061026) お魚料理教室 (061024) >>