何かヘン!魚の流通(070122)
今日は長崎へショッピング。久しぶりに「大丸」「浜屋」に行きました。今まで数えるほどしか行ってませんが・・・
浜屋の地下鮮魚売り場を見て、ビックリ。

新鮮そうなカタクチイワシがパック売りされていて、ラベルには「いわし(千葉県銚子港)」との文字。店員さんに「長崎産のは置かないんですか」と尋ねると、「この辺では最近獲れてないみたいだから」との答え。「えっ大きいの獲れてますよ」「全然(カタクチイワシは)長崎産って入ってこないですよ。ずっと千葉からです。新鮮でお客さんも喜んで買っていってよく売れてますよ」
ちなみに、値段は100g100円。

たくさんカタクチイワシが獲れ養殖魚の餌としても処理しきれない長崎の漁業者。
採算が合わずに出漁できない長崎の漁業者。
運賃をかけて二束三文で売っている千葉の漁業者。
千葉のカタクチイワシを新鮮だ、といって食べている長崎の消費者。

絶対ヘン、おかしいと思いません?
誰が得をしているのでしょうか?
「地産地消」ってそんなに難しいことなんでしょうか?

流通のしくみ、何とかして欲しいです。

それだけではありません、
よく話題に上がるのが、

長崎で水揚げしたカタクチイワシを、めざしの原料として大分の加工業者が買いに来ます。そして大分で加工されためざしは長崎県内の店でも大量に逆輸入されています。

先日知人から送られてきた沼津のアジの干物も、おそらく長崎で漁獲されたアジを加工したものでしょう。

ぜひぜひ水産加工業者を育てて下さい!
[PR]
by tenyomaru | 2007-01-22 23:10 |
<< テレビ放送(070123) 小浜温泉あったか冬まつり(07... >>