ガッテン流 煮干だしの取り方 (070707)
今夜は凪いだので出漁しています!
さてさて、NHK「ためしてガッテン」は皆さまご覧になりましたか?
我が家は子どもにテレビを占領され、ビデオで後日チェックしましたが、「いい宣伝になる」「イリコの相場が上がるかも」「少ししか使わないんだから消費拡大にはならないよね」など色々な意見が巷では聞かれます。

一般的な煮干だしの取り方とは違って、ガッテン流では、
水1リットルに煮干5~10g(6~7cmの煮干1本1g)を頭と内臓を取らずに入れ、一晩(8時間)漬けておくだけ。

水出し法は、従来からやっている人は多かったと思いますが、
「使用する煮干(イリコ)の量が少ない」のにはビックリしましたよ~
だって我が家ではガバっと一掴み入れてましたから。。

手元にある6~7cmの天洋丸の煮干イリコ(5月30日漁獲)は、少し脂があったためすぐにパックしても色がやや褐変してしまったシロモノですが、ガッテン流を試してみたら良いダシがでましたよ。だしがらも柔らかく、煮出したときよりも形が断然キレイ。食べてみたら味がすっかり抜けていて、ホントだしが出きってしまったんだなぁと実感しました。
ちなみに我が家では、冷水ポットに水1.5リットルにイリコ7本を入れて冷蔵庫に入れています。
本当にラクチンですよ♪
多くの人がこうやってダシをとって、毎日味噌汁を作ってくれれば全国的にもっと煮干の消費量が急増するはずなんだけど・・・

テレビで紹介していた「だしがら料理」の中で、だしがらとアンチョビを使ったソースは、だしがら&エタリの塩辛で作れそうですよね。まだ試していませんが、絶対美味しいハズです!誰か作ってみた人いませんか?!

この「ためしてガッテン」の再放送は7月11日(水)午前1時40分~2時13分です。つまり10日(火)の夜中ってこと。まだ見てない方はビデオに録画して、ちゃーんと見てくださいませ。

あら、今日は「070707」だったんですね・・・七夕なのにあいにくの曇り空。やっぱりこんな梅雨のど真ん中では天の川が見える確率は低いはずです。桃の節句、端午の節句、そして七夕はやっぱり旧暦ですべき!とつくづく思います。
[PR]
by tenyomaru | 2007-07-07 23:05 |
<< 土曜は広島で! (070711) 7月4日放送「ためしてガッテン... >>