カテゴリ:桃かすてら( 5 )
潜入!オームラ製菓 (100304)
皆さん~今年も桃カステラは食べましたか?

私は何個食べたかしら・・・016.gif
どこの桃カステラを食べたか、興味をある方はこちらを見てくださいね。
桃カステラの部屋

さて、大村慎剛さん(夫の同級生)のお店「オームラ製菓」に桃カステラを買いに行った際、桃カステラ作りをしていたので覗かせて頂きました。

急な注文が入ったとのことで、可愛い長女さんも手伝って大忙し!
b0022188_1473758.jpg

b0022188_13565968.jpg
手作りのフォンダンをカステラにつけています。最近は業務用のフォンダンを使う店が多い中、しっかり砂糖と水飴を練り上げたフォンダンを作っています。
b0022188_144559.jpg
枝や葉は羊羹を使っています。枝は搾り袋に入れて書いて、葉は流し込んだ羊羹を型抜きしています。b0022188_1461520.jpg
b0022188_146316.jpg
出来上がった桃カステラは奥様が箱詰めに・・・
b0022188_147263.jpg

「美味しい」と皆さんが笑顔で食べてくれることでしょう・・・

私はパリっとしたフォンダンよりもしっとりしたものが好きなのですが、1日置くだけでしっとりとするので、熟成させた桃カステラと出来たてのでは味が違うそうです。そういえば以前見たテレビでも、カステラは作りたてではなく必ず一晩熟成させるとかやってましたもんね。。
忙しいなか色々質問に答えてくださった大村さん!ありがとうございました。

肝心の桃カステラの感想?!
以前に比べ、さらにカステラ部分が軽くなっていたような、まるでシフォンケーキみたいな美味しさでした。もちろん1個軽く食べちゃいました053.gifでも、リクエストできるならば、フォンダンをもっと薄くするか、カステラをもう少し高く作って欲しい!あれ、以前も同じこと書いた気が・・・

オームラ製菓 雲仙市南串山町甲1870
0957-88-2892
じゃがブランなど地元の食材を使った美味しいお菓子がたくさんあります!
b0022188_14311825.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2010-03-04 14:18 | 桃かすてら
迂闊だった・・・まずは報告(090317)
おはようございます。今日も快晴で、花粉日和です。。
夜中から朝方にかけて、夫は探索に行っていましたが、帰宅せずにそのまま浜で網仕事しているようです。どうだったんだろう、、、今夜出漁するのかしら???

さてさて、桃カステラ。
島原の江川菓子店、瑞穂の雪屋の桃カステラを食べ、そして多良見のあづま屋さんのもようやく食べることができました!

なんってことっっっ!!!!!!
あづま屋さんの桃カステラ、甘いけど私好みの美味しい桃カステラでした!!!!商品+送料+代引き手数料で、なんと2個の桃カステラが2055円とかなり高額になってしまいましたが、これは店まで車を走らせて買いに行かねば!と思いたくなる味で、ケチらずに5個ぐらい買えば良かった・・・・

あづま屋
諫早市多良見町化屋1885 電話 0120-01-9625
横 8cm 縦 9cm 高さ 4.4cm フォンダンの厚み4mm
b0022188_10563657.jpg
b0022188_10565579.jpg

とにかくカステラがまったくポソポソ感がなく、しっとりして美味しいです。色も濃い黄色で卵がたっぷり入っているのでしょう・・・。見た目もすごくキレイで、飾りの葉はホワイトチョコでした!!
パリッとしたフォンダンで、さらに真ん中は4mm程度の厚みがあっても端の方はかなり薄く、カステラもさほど高さがないのでバランス的にはぴったり。あれよあれよと口の中に入り、消えていきました。
子ども達はカステラ部分が美味しいといってパクッと食べていましたが(1/4しかあげてないけど)、次女はやっぱりフォンダンははずしていました。本田屋さんのしか食べられないようです。

江川菓子店&雪屋 の情報は・・・・メモが見つからない!
[PR]
by tenyomaru | 2009-03-17 11:08 | 桃かすてら
桃カステラ食べ比べ2009第一弾 (090222)
唐突ですが、「天洋丸のページ」の2~3月間のアクセス数は、毎年ぐーんと伸びます。それもメインページではなく「桃かすてら」のページだけですが(笑)
2004年、2005年に試食報告をして、データも更新していませんが、各店の味というのはそう変わるもんじゃありません。そう、変わるのは価格だけでしょう。。
小麦粉も値上がったし、材料高騰でお菓子屋さんは大変なはずですよね。
**************************
さてさて、桃カステラの作り方を紹介しましたが、やっぱり職人さんが作ったものには到底かないません。講師の大竹堂の大平さんも、「絶対色々な店の食べ比べをしてみて下さい。それも同じときに食べないと、違う日に食べたものは比べられません。」と話していたように、一度に食べないと食べ比べにならないんですよねぇ。

そこで 今年の食べ比べ「第一弾」は
「万月堂」「本田屋かすてら本舗」「オームラ製菓」の3店。
ご存知のとおり、この3店の桃カステラは、私が美味しいと自信をもってオススメするものです!
今回は4人の子ども達と一緒に試食してみました♪(実質、三女は除く)

万月堂 
長崎市愛宕2-7-10 095-822-4002
b0022188_14344751.jpg
b0022188_1450162.jpg
横11.5cm、縦14cm、高さ4.5cm、重さ210g
フォンダンの厚み4mm、カステラの厚み4.1cm
価格 650円
味の感想
カステラ部分は口に入れるとふわっと溶ける感じがし、ふわふわした生地で結構あっさりしている。フォンダンもかなり甘いが、口の中でさっと溶ける。サイズは大きいが高さがあまりないので、そのままカステラとフォンダンを一緒に口にいれやすく、食べやすくなっている。子ども達は「甘すぎる」といって残した。

本田屋かすてら本舗 
南島原市口之津町5778 0957-86-3148
b0022188_14513011.jpg

b0022188_1452989.jpg
横8cm、縦10.5cm、高さ6.6cm、重さ160g
フォンダンの厚み7mm、カステラの厚み5.9cm
価格 550円 (箱入りは670円)
味の感想
カステラ部分はキメが細かく、口の中でさっと溶ける感じ。秀逸はフォンダン。他店はフォンダンはただただ甘いだけだが、本田屋のフォンダンはカステラの美味しさを一層引き出すようなしっとり感があり、フォンダンだけでもちゃんと食べられる。子ども達も「これは美味しい」と残さず食べた。

オームラ製菓 
雲仙市南串山町甲1870 0957-88-2892 
b0022188_1542476.jpg
b0022188_1543768.jpg
横7.5cm、縦10cm、高さ5.5cm、重さ100g
フォンダンの厚み4mm、カステラの厚み5.1cm
価格 450円
味の感想
カステラだけは甘味もちょうどよく、本当に美味しい。フォンダンは・・・今回は失敗?砂糖がジャリっと残っていた。子ども達は「カステラの味は一番美味しい。カステラだけもっと食べたい!」と。

おまけ、
b0022188_15122685.jpg
講習会で頂いた大竹堂の桃カステラです。実際売っているものとサイズは違いますが、味は一緒ですよね。
見た目は大変美しいのですが、子ども達は「甘すぎ」といって食べず・・・。甘いながらも美味しいと思うんですけどね。

そもそも、砂糖とは大変貴重なもので、砂糖をふんだんに使うことが贅沢の極みだった歴史が長崎にはあります。
桃カステラ=すごく甘いお菓子
こういう図式が成立している以上、美味しい桃カステラというのは、甘いフォンダンとカステラがいかにバランスよく食べられるか、ということがポイントとなります。桃カステラといえば万月堂といわれるゆえんは、万月堂の桃カステラはそのバランスが素晴らしく、甘さを嫌味なく受け入れることができるためではないのでしょうか。

そして、子ども達にすんなりと受け入れられた本田屋カステラ本舗の桃カステラは、「すごく甘いお菓子」ではなく、「愛らしく甘くて美味しいお菓子」として、普通に美味しかったようです。やっぱり、フォンダンとカステラがここまで食べやすく美味しい桃カステラは他にはないでしょう。。
やはり(私の)ナンバーワンは不動です053.gif

さぁ、次はどこの桃カステラを入手しようかな♪
[PR]
by tenyomaru | 2009-02-22 16:26 | 桃かすてら
桃カステラの作り方 (090222)
今日は、にゃん(2)にゃん(2)にゃん(2)の「猫の日」だそうですね。
ふと気づくとあと10日で雛祭り、、、雛人形を出そうかなと思っていましたが、あいにく外は雨です。

桃の節句といえば、忘れちゃならないのが
桃カステラ

本日は桃カステラの作り方を紹介致します♪

といいますのも、実は2月19日に「長崎学さるく シュガーロードと桃カステラ」という講座に参加してきたんです。(夫には、趣味ばかりして、と言われてますが・・・)
講座の講師には、長崎県菓子工業組合長崎支部の方、つまり長崎市内の有名菓子店の店主(職人)さんばかりで(大竹堂、岩永梅寿軒、長崎屋など8人)、そうそうたるメンバーでした。。

まず、講師紹介後、岩永さんによるシュガーロード及び桃カステラについての簡単な説明がありました。
b0022188_11152981.jpg
長崎から長崎街道を経由して砂糖が広がり、ポルトガルの菓子は、佐賀で「丸ボーロ」、福岡で「鶏卵素麺」、愛媛で「タルト」、というように各地でその土地オリジナルのお菓子に変わっていったそうです。
そして、桃カステラ。桃は、長寿の実、災害よけの実といわれ、それをモチーフにした桃カステラは、長崎の桃の節句には欠かせないお菓子であり、今では結婚式の引き出ものや内祝い、様々な慶事に使われることがあり、年中販売している店も何軒もあります。

さて、本題の作り方です。

材料(桃カステラ 11個分)
卵     330g(L玉5個分)
砂糖   270g
小麦粉  220g
水飴 60g
水  60g

① ボールに卵を割り、ハンドミキサーでよくほぐしてから、砂糖を加える。
b0022188_1116870.jpg
②8~10分間ハンドミキサーで泡立てる。この混ぜ具合がポイント!混ぜすぎるとフワフワになるけど味にこくがなくなる。
b0022188_1120994.jpg
③ふるった小麦粉を入れ、泡だて器で混ぜ、水と水飴を加える。硬過ぎたら水を少し入れ、上からたらした生地のあとがつかない程度に仕上げる。(肝心な写真は撮れず)
④桃カステラの型に敷き紙(グラシンケース)をセットし、7~8分目に生地を入れる。荒熱が入ると焦げ目がつくので、新聞紙をぬらしたもの(はちまき)を周りに置く。b0022188_11314631.jpg
⑤オーブンで170℃、25分で焼く。表面に焦げ色がつけばOK。b0022188_11333653.jpg
⑥桃カステラの生地を型から出し、冷ます。b0022188_11345291.jpg
⑦飾りの葉と枝を作る。材料:白餡に寒梅粉を少しまぜたもの(練りきりの代用)、葉の緑は、緑+黄の着色料を添加し、枝の部分はそれに赤を加える。
葉は薄くのばし、型で抜き取り、ナイフで葉脈のすじを入れる。
b0022188_11382519.jpg
枝は両端を細くし半分に折る。b0022188_11392545.jpg
⑧フォンダン(すり蜜:今回は既製品で 砂糖と水飴を練り合わせたもの)を湯煎でゆるくし、カステラの上部にうすくかける。b0022188_1143557.jpg
⑨桃の頭部(先っぽ)に食紅を吹きかける。
b0022188_11435799.jpg
⑩2回目のフォンダンをかけ、すばやく菜箸で「ノ」の字のすじを書き、葉と枝をつけて仕上げる。
b0022188_11445253.jpg

b0022188_1145714.jpg

完成!
b0022188_11454963.jpg
どうです?!美味しそうでしょ。

カステラの部分は、こんな感じ。フォンダンは甘すぎでしたが、ふわっとしてて焼きたてはすごく美味しかったですよ!!
b0022188_11464363.jpg


ちなみに、私達の班の講師は「大竹堂」の大平さんでした。
b0022188_11541181.jpg
お店で販売している桃カステラは、さらに卵の割合が多く、フォンダンも手作りのものです。
一個560円
長崎市丸山町8-3 正覚寺下 095-823-2790

最後に、
参加費1500円で、ペットボトルのお茶1本、桃カステラ(自分たちで作ったもの)3個、大竹堂桃カステラ(今回限定の小さいもの)1個のお土産つきで、色々なお話も聞けて大変充実した講習会でした!!
また、開催を予定しているそうですよ。この「長崎さるく」の企画運営は、長崎国際観光コンベンション協会だそうですので、詳しくはそちらにお問い合わせしてみて下さいね。
b0022188_14141743.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2009-02-22 11:50 | 桃かすてら
Best of 桃かすてら (060220)
もうすぐ桃の節句・・・そろそろ雛人形を出さねば、と思いながらも、面倒で出せません。

この時期になると「今年は食べないの?」と聞かれるのが「桃かすてら」。
(2年連続で試食報告をHPに掲載してます)
もちろん、一番美味しい桃かすてらを求めて、今年も食べますよ!!!!

現時点での私の中でのナンバーワン「桃かすてら」は
口之津の「本田屋かすてら本舗」。
b0022188_1222290.jpgb0022188_122509.jpg
ウィンドーに飾っていた「桃かすてらについて」のチラシは以下の通り
おかげさまで去年、
本田屋の桃かすてらはインターネットヤフーBBの
「桃かすてらランキング」において
たくさんの名店がひしめく中
一位という名誉に輝きました
(後略)

うーん、2位はどこだったんだろう。
そのランキング、ご存知の方教えてくださいませ。

b0022188_1235984.jpg
一年ぶりに食べた桃かすてらはやっぱり「うまっっ」
[PR]
by tenyomaru | 2006-02-20 20:52 | 桃かすてら