カテゴリ:研修生( 21 )
今日の天鷹寮(130402)
従業員寮の建築工事は着々と進んでいます。
古民家の研修所のすぐ右側にあります。
b0022188_12151987.jpg

操舵輪もどこかに飾ります♪
b0022188_1219289.jpg

[PR]
by tenyomaru | 2013-04-02 12:11 | 研修生
サイバネシンポジウム本日開催(120302)
海洋サイバネティクスプログラムの今年度の成果報告会として、シンポジウムが本日開催。
会場はベストウエスタンプレミアホテル長崎で、基調講演は上田勝彦氏、田中章雄氏。私も行きたい!!と思うところですが、今日はこれから長男の二分の一成人式。仕方がないです。

15時半からの「サイバネ人材養成の成果」では、最優秀賞を受賞した修了生2名が発表をします。そのうちの一人が、天洋丸の研修生大石くんです!!
夫が写真を撮ってきてくれるので明日アップしますね~
[PR]
by tenyomaru | 2012-03-02 14:01 | 研修生
研修生募集中 (120212)
来月3月1日は高校の卒業式ですよね。。
卒業を控え、まだ就職が決まっていない高校生のために、先日、長崎県などが就職合同面談会を開催しました。

天洋丸(夫)も昨年に続き今年も参加し、昨年同様ブースには高校生は来ませんでした。
もちろん、今年はそれを想定して募集チラシを作成し、先生方に配布して最終的に就職が決まっていない子に斡旋してくれれば・・・、と作戦を練って行ったんですよ。

が、実際は先生も一人だけしか来ないという・・・。

「漁師になりたい!」という高校生3年生、待ってます。
詳しくはこちらをご覧下さい↓
チラシ

なお、60歳以上の定年退職者に向けたパート募集のチラシも作成します♪
年金をもらいながら一緒に天洋丸で魚を獲りませんか?
60歳はまだまだ若いです!!これからです!!

[PR]
by tenyomaru | 2012-02-12 11:32 | 研修生
「見んと!長崎」での放送について(110907) 
天洋丸の研修生が取材されたサイバネポスター発表会の放送は、彼らの分はまた後日・・・ということで本日は放送されないとのこと。告知したのにスミマセン!!!!

ビデオも録画予約したのに、ちぇ。
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-07 15:01 | 研修生
サイバネポスター発表会(110905)
休漁が続いている天洋丸ですが、研修生は、網仕事、片付け、船のメンテナンス、などなど作業をしています。
そんな彼らが平成21年度から受講している海洋サイバネティクスの集大成?「ポスター発表会」が、2日に長崎大学水産学部で行われました。
2年前の開講式の様子はこちら

研究テーマを決め、実験をし、とりまとめ・・・・というのは担当の先生方に多大なるお世話をしてもらったわけですが、発表するのは本人たち、緊張もしたことと思います。

天洋丸の研修生&従業員の発表テーマは以下のとおり。
小松和仁:「橘湾旋網漁業の漁獲物組成の季節変化」
b0022188_9545911.jpg
野嶋裕輝:「旋網漁業により発生する水中音の収録と解析」
b0022188_9573741.jpg
大石貴浩:「カタクチイワシ粗脂肪量多寡の簡易判定と季節変化」
b0022188_9585343.jpg
会場内は14枚のポスターの前に多くの人が群がり、熱心に説明を聞いていました。ひいき目でなく、大石君のポスターの前は特に人が多かったようにみえましたよ。

NHKのテレビカメラも入りその日のニュースでも何度か放送されました。
そして、翌3日の長崎新聞にも大石くんの写真がバッチリ掲載!(クリックすれば大きくなります)b0022188_109183.jpg

彼らは今度の閉講式をもって、サイバネプログラムを終了。この2年間で何を学び、何を感じたのか、じっくり振りかえり、それぞれ考えてもらいです。そして、是非、この体験を今後、仕事でも活かしてもらいたいと思います。
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-05 10:11 | 研修生
5月も終わり・・・(110531)
もう6月になりますね。早い早い。

天洋丸では「漁師になりたい!」という方を募集中です。
(できれば2人:やる気・協調性のある方!!)

興味のある方は漁業就業支援フェア2011の福岡会場の「長崎県旋網漁業組合 天洋丸ブース」まで!!
日時:平成23年6月4日(土)受付12:00~15:30
場所:エルガーラホール(福岡天神)
詳しくはこちら

ご来場おまちしております。
(申し込みもいりません。当日の入場自由です。)
[PR]
by tenyomaru | 2011-05-31 23:48 | 研修生
セミナー実施 (091023)
「ジョブクリップ!ナガサキ事務局」の就職支援推進員をされている松本由利さんから、従業員向けの定着支援セミナーを無料で受けられますよ、と紹介していただき、天洋丸でも研修生&従業員を対象に社会人研修を受講することにしました(出前研修)。

本日来ていただいたのは、ジョブトレーナーの奥野三郎さん。電話応対とかお辞儀の仕方など一般企業向けのことは簡単に流し、職場でのコミュニケーション、仕事を進める上での心構えを中心にわかりやすくお話してもらいました。b0022188_7422065.jpg
b0022188_7424248.jpg

「今回のセミナーはとても勉強になり、今後色々な場面で大いに使う機会があり、役に立つと思う」
「あまり社会人としての自覚が足りてません。セミナーを受けて他人とのコミュニケーションや言葉使いなど、自分に何が足りないのかを知ることができた。」
「自分と反対意見を良く聞くのがいい、など単純でとてもわかりやすい話だった。電話などで相手と話す機会など今後役に立つだろうし、自分のためになると思う。」
3人の感想から、これからきっと為になると期待できますね!

ところで「ジョブクリップ!ナガサキ」ってご存知でした?
厚生労働省の平成21年度長崎県地域就職支援事業で県内企業と求職者を結ぶため、就職希望の学生の保護者説明会、中高年対象の就職支援セミナー、そして今回行ったような従業員向けのセミナーを行っています。従業員向けの定着セミナーの内容も、多岐に渡っていて、雇用主のニーズに応じて適当な講師を派遣してくれるそうです。それが無料で受講できるだなんて、これは大いに活用すべきですよ!
詳しくはこちらをごらん下さい。
[PR]
by tenyomaru | 2009-10-23 23:22 | 研修生
野嶋君が新聞掲載 (091018)
研修生の野嶋君が今日の長崎新聞で紹介されました。
クリックすると大きくなります。
b0022188_844791.jpg

頑張って「信頼される漁師に」なってください!!!!!!
[PR]
by tenyomaru | 2009-10-18 23:42 | 研修生
海洋サイバネティックスプログラム (091005)
天洋丸の研修生である大石さん、野嶋さん、そして研修期間を終了し今年から従業員となった小松さんの3人は、平成21年度「海洋サイバネティックスプログラム」漁業管理コースの受講生となり、2年間のカリキュラムのなかで、集中講義、実習を受けることになっています。

初日5日は開講式と早速授業も行われました。(最初の集中講義は10月5~7日)
b0022188_110341.jpg
b0022188_1103863.jpg
****
これは、長崎大水産学部が平成19年から開始しているプログラムなのですが、そもそも海洋サイバネティックスとは、「水産業の諸問題について、環境科学、生物学、経済学、工学など関連分野の様々な専門知識・技術を融合させ、集学的、多元的な問題解決方法を探るための学問領域」ということなんですが・・・ムズカシイですね。さらにホームページによると、

この人材養成プログラムでは、これまでに蓄積されてきた水産県長崎ならではの漁場・資源等の管理技術に加え、自然界での生物バランスを破壊することのない新たな生産技術の開発、すなわち生物生産の場としての沿岸・内湾域の環境保全・回復と、生物生産さらには加工・流通を一体のものとして最適化していくための多様な技術の開発に取り組める人材の養成を目的とします。プログラムは「増養殖コース」、「漁業管理コース」、「水産食品コース」の3コースに分かれ、いずれのコースでも長崎県の水産業をさらに活性化するには何が必要か、PBL(Problem-Based Learning:問題解決型授業)と呼ばれる方式によって、現実の課題を題材とした講義と演習が進められます。

研修生たちが学んだことをどの程度現場で生かせるか、このプログラムが有効か、は一緒に仕事をしている人はすぐわかるでしょうね。仕事を休ませてまで受講させて良かった、と実感できるよう本人達&講師陣に期待するとしましょう。
[PR]
by tenyomaru | 2009-10-07 11:04 | 研修生
研修所の改修工事 (090406)
春休みも終わり、学校も始業式。。。新学期のスタートです。天洋丸でも今年度の新人(研修生)が入ってきますので、研修所の一部(納戸)を改修し、個室を二部屋確保すべく工事を開始しています。

天洋丸研修所の外観です。みてのとおりの古民家。b0022188_0201149.jpg
収容されていたタンスをとりあえず廊下に移動していました。b0022188_0213162.jpg
う・・・黄砂?砂埃で視界が非常に悪いです。b0022188_0241569.jpg
築120年なので壁はもちろん土壁。
ただし、この家は、今まで様々な家をみてきた大工さんも「こんな厚い壁はみたことがない」と言うくらい、非常に厚い壁で破壊するのにはすごく苦労したようです。ハンマーで思いっきり、叩く、叩く、叩くっっ!!b0022188_0265247.jpg
壁の中身ってこんなになってるんですね。b0022188_027562.jpg
その奥はトタンでした。b0022188_0342547.jpg
皆、真っ黒(茶)になって作業していました。b0022188_0291459.jpg
この続きはまた後日。立派な部屋が完成するのはあと何日後かしら??
[PR]
by tenyomaru | 2009-04-06 23:44 | 研修生