カテゴリ:天洋丸の「エタリの塩辛」( 5 )
販売してます (090505)
5月4日、5日は煮干加工場の富永由美ちゃんと一緒に、島原の「とっとっと」の売店で手作り丸干し&エタリの塩辛&テングサ&ひじきを販売しに行きました。
b0022188_8312268.jpg
連休中なので佐賀、熊本、福岡からの観光客が主で、わかりにくい場所にも関わらず昼時には食堂は満席になってました。活魚水槽から自分で選んだ魚を刺身で食べることができる、というシステムは人気でしたね♪

肝心の売り上げは・・・・七輪で焼きながらの試食サービスした丸干しはまあまあ売れましたが、塩辛はさっぱり×××次回は試食を用意しないとだめですね。

場所は、こちらをご覧下さい。
とっとっと市場では、天洋丸のエタリの塩辛、橘湾産ところ天草、橘湾産ひじきを販売しています。島原にお出かけの際はぜひのぞいてみてください。

さてさて、、
私は次女、長男、三女を一緒に連れて行ったのですが、市場の前にあった「漁船つりぼり」には子どもたちがハマリました。b0022188_8381143.jpg
長男は コチをGet!b0022188_8391615.jpg
次女はタコをGet!(2匹釣ってくれました)b0022188_8413789.jpg
釣堀は一回500円(高い魚が泳いでいるもう一つの漁船は一回2000円)。釣れたら料金を払うシステムで、釣った魚はしめてもらって持ち帰れます。さらに500円(大きいと1000円)調理料を払えば、刺身や湯引きにしてくれたり、食堂で刺身定食として食べることもできます。
漁師の妻なんだからおろせるでしょ、と言われ、持ち帰ったコチは卵が大きかったので結局煮付けにしました。結構美味しかったですよ~。タコは下処理して冷凍庫に入れてますので、またのお楽しみで。
[PR]
by tenyomaru | 2009-05-05 23:21 | 天洋丸の「エタリの塩辛」
販売しています
「エタリの塩辛」通販ページを現在作成しています。
(ショッピングカートがうまく設定できず×××)

購入希望の方は下記メールにご連絡下さい。
shiokara★tenyo-maru.com (★→@)

エタリの塩辛(瓶入り) 800円
原材料:橘湾産カタクチイワシ、塩
内容量は汁を含めて200g、塩辛そのものは150g
b0022188_942538.jpg
3ヶ月熟成させたものです。 賞味期限は冷蔵で平成21年10月です。

エタリの塩辛(浜仕込み)
 600円
原材料:橘湾産カタクチイワシ、塩
内容量は汁を含めて140g、塩辛そのものは100gb0022188_9592491.jpg
天洋丸が1月8日に漁獲したカタクチイワシ(エタリ)を原料としています。賞味期限は冷蔵で平成21年10月です。

エタリの塩辛(唐辛子入り) 600円
原材料:橘湾産カタクチイワシ、塩、唐辛子(雲仙市南串山産)
内容量は汁を含めて140g、塩辛そのものは100g
b0022188_9522588.jpg
三木会長が漬けた唐辛子入り塩辛です。唐辛子の辛味で塩気が感じにくく、旨みがより一層感じられます。

パスタでも食べたいエタリの塩辛ソース 860円
原材料:橘湾産カタクチイワシ、塩、オリーブオイル、ニンニク
内容量は180ml
b0022188_9561535.jpg
ご存知、「小浜温泉女将の会」と「エタリの塩辛愛好会」が連携して作った商品。製造元は小浜温泉伊勢屋旅館で、パスタだけでなく、チャーハンもとっても美味にできるソースです。

送料につきましては、
北海道・東北 yahoo!ゆうパック利用 920円~
関東・信越・沖縄 ヤマト運輸利用 900円
北陸・中部 同 700円
関西・四国 同 600円
中国・九州 同 500円
さらに、気温が高くなってきましたら、クール便利用で210円加算されます。

支払い方法は、
商品到着後、ゆうちょ振替(振替用紙同封)、もしくは銀行振り込みで。
(商品代、送料とあわせまして、振替手数料もご負担頂きます)
[PR]
by tenyomaru | 2009-04-20 10:12 | 天洋丸の「エタリの塩辛」
漬かり具合 (090225)
天洋丸で今期最初に仕込んだ「エタリの塩辛」(1月8日漬け込み)は、今日味見をしたところ、まだ熟成が足りません。最近気温が高いとはいえ、やはり2ヶ月は置かないとだめみたいですね。
予約をして下さっている方、もうしばらくお待ち下さい。自分に戒め「焦りは禁物・・・」
[PR]
by tenyomaru | 2009-02-25 23:30 | 天洋丸の「エタリの塩辛」
「一の塩」で漬けてみました (090129)
自然海塩である佐賀の「一の塩」を使用し塩辛を漬けてみました。
b0022188_22191362.jpg
漬け込み作業は伯父と一緒にしました。b0022188_22202779.jpg
原料は、天洋丸がばらけに漁獲したエタリイワシです♪
*****
塩について、、、基本的には今年は精製塩を使っています。

昨年までは「伯方の塩」や「平戸の自然海塩」などを使って漬け込みをしました。しっかり熟成するまでは精製塩だと「とがった」感じがし、にがり分が含まれている塩では塩分(塩化ナトリウム)が少ない分、食べやすく旨みを感じやすかったです。でも、熟成するにつれ、後者は苦味や甘味が強調されすぎて、逆に旨味が感じにくくなり、精製塩で漬け込んだものは十分旨味が引き出され、塩気の後に旨味と甘味と苦味がバランスよく感じることができたのです。(勿論、バラツキはありますが)

今回、「一の塩」で漬けた分は、若干、塩の量を増やしています。塩の値段が高い分、高く売らなくてはいけませんね~どうか美味しく出来ますように。。
[PR]
by tenyomaru | 2009-01-29 23:22 | 天洋丸の「エタリの塩辛」
天洋丸のエタリの塩辛~初漬け込み (090108)
今朝、天洋丸でも塩辛を漬け込みました。
選別機から出たイワシをそのままその場で漬け込んだ、まさしく「浜仕込み」ですよ。漬け込み作業をしているのは、この道○十年のベテラン(職人)の伯父です。
b0022188_1052492.jpg
加工場の富永さんに協力していただき、ザルをセット。海水を切りながら、コンテナに移します。選別機を通しているので、今回海水で洗う作業は省きました。
b0022188_10533418.jpg
イワシと塩を量ってよくまぜます。イワシと塩の比率は7:1ですので、きっと早く漬かるでしょう。b0022188_1056286.jpg
まずは2樽仕込み完了。稲ワラは、町内で合鴨農法をしている岡田さんのものを、三木会長から分けてもらいました。

きっと美味しい塩辛ができますよ!!!
[PR]
by tenyomaru | 2009-01-08 23:47 | 天洋丸の「エタリの塩辛」