カテゴリ:食( 54 )
ヒカドは異国の味 (060117)
サツマイモをジャガイモに替えて作った「ヒカド」は「ヒカド」ではない。

「長崎料理」の著者である脇山順子先生にメールで問い合わせたところ、
ヒカドについて詳しく解説していただき、上記の回答がありました。

脇山先生の話では、
鎖国時代、甘い砂糖味が口にできることは、贅沢な時代ですから、甘藷を加えることで甘い味になるという調理法を異国の人たちから教えてもらった時は、驚きと感激だったと思います。
ヒカドは甘い汁物で、甘藷(サツマイモ)の味で天然のもの。交流を深める中に他国の異文化に触れ、異国の風味を味わい、それを受け継ぐところに食文化が誕生し、ロマンがあるのです。

はぁ~ロマンですね。
「長崎」は南蛮料理あり中国料理あり、異国の食文化を取り入れ、さらに工夫し独自の食文化を生み出している。。奥が深すぎる。

脇山先生ありがとうございます。

ということで、ジャガイモに替えた「偽ヒカド」を作ってみました。

イリコ(かえり)、鶏肉、大根、人参、ジャガイモ、戻した干椎茸を鍋に入れ、椎茸の戻し汁を合わせた水をいれて具が軟らかくなるまで煮て、ハマチを入れ、塩・薄口醤油・酒で調味し、ジャガイモをすりおろしたものをいれて、少々煮て、、、小ネギを散らして完成。お好みでポン酢や橙を絞ります。

あら、イリコ、ジャガイモ、ハマチといえば、南串の特産品。
いっそのこと「南串汁」(みなんぐしじる)とでも名づけましょうか。
我が家では馴染み易い好評の味でした。

b0022188_11493844.jpgb0022188_11495172.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-17 23:08 |
長崎の郷土料理といえば (060115)
b0022188_8561015.jpg大学の先輩であるイラストレーターの
はった あいさんから、アニュー株式会社の今年のカレンダーが送っていただきました。「アニューのスローフード ~風土の旬・郷土の味~」と題して、可愛いイラストで各地の郷土料理が紹介されています。

b0022188_8575861.jpgb0022188_858852.jpg

一月は石川県のかぶらずし。二月は長崎県「ヒカド」・・・・
って 何???

手元にある「長崎料理」(脇山順子著)をみてみると、しっかりレシピが掲載されていました。

ポルトガル語で「細かく切る」という意味。ポルトガルのシチューが長崎に伝わり、身近にある食材で工夫して作られるようになったそうです。魚(ブリなど)や野菜などが煮込まれ、すったサツマイモでとろみをつけるのが特徴。

レシピ通りに作ってみたら、家族の反応はイマイチ。
サツマイモ自体の甘みが強く、かなり甘い料理になってしまった。
調味料は塩と薄口醤油と酒だけなのに・・・
でも私は好きな味。イリコも入っているし、栄養たっぷりなんだけどなぁ。

今度はサツマイモをジャガイモに替えて作ってみよう。

b0022188_1022268.jpg
材料はブリ(ハマチ)、鶏肉、大根、人参、干椎茸、サツマイモ、イリコ(かえり)、小ネギ、塩、薄口醤油、酒 作り方は簡単。
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-15 23:10 |
あご煎餅(060102)
「あご煎餅」を頂きました。初めて見るパッケージはなかなか目を引くもの。

先月21日付けの長崎新聞にも 佐世保土産に「あご煎餅」を!の記事が掲載されてました。
新作のこの煎餅は、水産加工品販売の玉木屋と九十九島せんぺいで有名な九十九島グループとが協力して商品化したものだそうです。県内産のアゴ(トビウオ)だけを使用しており、焼いて粉末状にしたものを煎餅の生地に練りこみ、表面にもトッピングしてあります。

食べた感想は、結構味が濃いです。焼きアゴ本来の味、といわれても、
まずは焼きアゴを食べてみなきゃダメですね。
子供向け、お茶請け、、というよりビールが飲みたくなりました(私だけ?)。

でも一つ一つの煎餅の包装裏面に、アゴの説明が書いてあり、
この煎餅が土産物として浸透すれば、焼きあごの宣伝効果大でしょう!!

b0022188_23294955.jpgb0022188_23303073.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-02 23:33 |
おせち料理(060101)
結局年賀状作成が終了せず、
今年の正月のおせち料理も義母まかせとなりました。
おせち料理の味とワザの伝授は一体いつになることやら。

料理の一部をご紹介

b0022188_023334.jpgマグロとヒラス(ヒラマサ)の刺身盛り合わせ:
マグロは叔父が取り寄せたものでこの辺の店には上等のマグロは売ってないですね。ヒラスはハマチ(ブリ)よりしつこくなく食べやすいかも。
夫は新鮮なコリコリした刺身が好きだけど、私は一晩おいて少し柔らかくなった方が好きです。


b0022188_0232125.jpg雑煮:
島原半島のお雑煮は具が沢山。お椀の一番下に大根をのせ、丸餅、たっぷりの野菜や鶏肉などの具をのせます。今回はカツオ菜が手に入らなかったそうです。


b0022188_0224988.jpg盛り合わせ:
エビは天草産養殖クルマエビです。左は干し柿で柚子を巻き込んだもの。


b0022188_0225987.jpgレンコンのきんぴら:
シャッキリして本当に美味しかった。だしは昆布といりこ。


b0022188_023915.jpgナマコ:
赤ナマコと青ナマコです。もちろん橘湾産(南串山町)ですよ。
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-01 23:45 |