カテゴリ:行事( 43 )
雲仙市新年名刺交換会(070106)
雲仙のホテル東洋館で開催された、新年名刺交換会に出席しました。会場の割には人数が多く、乾杯の際、グラスが手元に回ってこなかったほど・・・
b0022188_8455690.jpg

雲仙市から「エタリの塩辛」の試食用を用意してくれ、と昨年末から連絡があり、実際、具体的な量を指示されたのが昨日の話。そしてただ持っていって渡すだけかと思ったら、「雲仙こぶ高菜」「エタリの塩辛」のブース(だけ)が用意され、自分達で並べ、マネキンのように試食を勧めることとなり、聞いてないよ~ってな感じでした。PRできたことは良かったとして、3千円の参加費を自腹で払ったのに、ほとんど料理も食べられず残念でした。まぁ色々な人たちと塩辛の話ができて良しとしなければいけませんねぇ(涙)。

そう、特に小浜町在住の人たちって昔から自分で塩辛を漬けていたり、知り合いからもらって食べていた人たちが多く、「本当の味」を知っているので、私が「へぇ~」と感心するような塩辛話が聞けて楽しかったです。だから旅館ホテルの経営者も「何とか料理に使って」ということは、すでに考えにあって、それぞれ熱心に研究されています。雲仙温泉・小浜温泉のどの旅館でも、エタリの塩辛料理が食べられるようになるのは、遠い日ではなさそうです(たぶん)。

名刺交換会の詳細は、奥村市長の日記に後日掲載されるでしょう。
[PR]
by tenyomaru | 2007-01-06 23:03 | 行事
書初め大会!(070106)
毎年恒例の、小中学生を対象とした書初め大会が南串中体育館で開催されました。私は用事があって見学に行けませんでしたが、今年は例年になく良い雰囲気だったとか。
おしゃべりも少なく、何よりもとても熱心に書いていたと、参加されたお習字の先生から話を伺いました。わが子の写真も撮影して頂き、多謝!!!b0022188_2223999.jpgb0022188_2225358.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2007-01-06 22:58 | 行事
八幡神社大祭 (061029)
朝9時過ぎから、次女は長男の手をひいて露店のある文化センターへ、長女も友人と出かけ、家には三女と私だけ。。子守がいないとキツイわ。
11時過ぎにやっと戻ってきた子ども達は、かなり散財した様子でした。
手には亀やら金魚(半死状態)をぶら下げ、おもちゃのピストル、ノートなどなど。
我が家は長年使用していた水槽も片付け、金魚や熱帯魚を飼うまい、と思ってたのにまた亀か・・・。

午後には神輿&保育園児の琉球太鼓披露がありました。
今年の神輿担ぎ手は何やら若い人(若く見える人)が多いようでした。グルグル回ったりパフォーマンスは西浜地区内ではありませんでしたが、先々ではどうだったんでしょう?!
b0022188_10123630.jpgb0022188_1012531.jpg
b0022188_1013545.jpgb0022188_10131898.jpg
b0022188_1013344.jpgb0022188_10134745.jpg
b0022188_1037287.jpg

さて、私も子ども達と一緒に文化センターに出かけ、露店見学。(結局おごらされた。)
ホント亀、一匹500円なんて高い!(合計3匹)
でも1000円のお面をねだられるよりマシかもしれません。
b0022188_10413630.jpgb0022188_10414982.jpg
クレープ、チョコバナナ、りんごアメを食べて満足し、お次は遊具にハマって遊んでいました。特に三女は亀の入っている袋をぶら下げながら何度も何度も滑り、亀を潰さないか冷や冷やものでしたよ。水はこぼしてましたけど。。b0022188_10454373.jpgb0022188_10455866.jpg
また祭りは明日に続く。
[PR]
by tenyomaru | 2006-10-29 23:44 | 行事
八幡神社大祭前日(061028)
明日、明後日は八幡神社のお祭りです。
今年の当前は坂上奥地区。一年ぶりにしめ縄もキレイになりました。
b0022188_1127341.jpg
サカキも沢山いけてあり、例年よりも派手ですよね。
b0022188_11304294.jpgb0022188_1130559.jpg
明日のお下りでは、保育園児(年中)の長男は「琉球太鼓」を披露し、明後日のお上りでは神輿を担ぎます。太鼓は日ごろの練習の成果が出るかしら、楽しみにしてます~
[PR]
by tenyomaru | 2006-10-28 23:22 | 行事
ミニバレー大会 (060709)
朝から育友会ミニバレーボール大会がありました。ようは地域の親たちの親睦を深める大会で、結果よりも、楽しめればいい、、、、はい、楽しんできました(一回戦敗退)。
日頃の運動不足がたたり、準備体操のストレッチで息があがりました。。筋肉痛は明後日あたりに出るでしょうね。
b0022188_1047632.jpg毎年肩や足を痛めるので、今年はとにかく「無理をしない、ケガをしない」ことだけを考えました。あーどこもケガをしなくて良かった良かった。


天気予報では雨でしたが、ムシムシ暑く一日良く晴れていました。流した汗より補給した水分の方が多いかもしれません。海は今のところ静かなようですが、台風の影響予想し避難している船の姿が見えました。b0022188_10523619.jpgb0022188_11132477.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-07-09 23:41 | 行事
書初め展 (060121)
ハマユリックスホールで展示されている、小中学生による南串山町書初め展(入賞作)を見てきました。ちなみに書初めは1月6日に実施。
長女&次女も揃って「金賞」・・・・・・うーん、審査が甘いかも。

さすがに特別賞を受賞している作品はなかなか素晴らしい~
特に中学生は力強さと勢いと美しさがあっていいですね!
とてもじゃないけど、自分は書けないわ。
b0022188_10204337.jpgb0022188_10205444.jpg
b0022188_102195.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-21 22:09 | 行事
雲仙市子ども文化フェスティバルのご案内 (060120)
できる!できる!!できる!!!
が合言葉の毎年恒例の小学生によるミュージカル。(去年までは「クリスマス音楽会」でした)
南串山町内から雲仙市の小学生対象、へと地域が広がったものの、低学年中心で14名という寂しいメンバー、、、まぁ少数精鋭ということで。
今回初参加の次女は、8月から土曜日ごとの練習を楽しみながら通ってました。

家で歌ってるのを聞く限り、本番はかなり心配ですけど、晴れ舞台は2月26日(日)ハマユリックスホールで午後2時開演となってます。
入場は無料ですが教育委員会やホールで配布される整理券が必要です。
鶴田小学校民謡クラブ、琉球國祭り太鼓長崎支部による披露もありますヨ!!
b0022188_1473283.jpg
ミュージカル「10の太陽が1つになったおはなし」
次女は太陽役の一人です。
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-20 23:57 | 行事
かえばしら (060115)
1月15日は小正月。南串山では「じゅうごんちのかえばしら」と称して、餅を入れた粥やご飯(小豆入りなど)を炊き、神仏に供えて、朝食にします。

朝から早起きして作ってくれた義母に感謝。
餅入り粥を初めて食べた次女、長男は「おいしいー」とパクパク食べる食べる・・・ 結局、私と3人で完食してしまいました。

昔は正月のうち、
7日までは雑炊(ずうし)は炊くものではない。
15日まではお粥を炊くものではない。
といって、七草ずうし、かえばしら が行われていましたが、それほど貧しかった、ということのようです。

b0022188_10154976.jpgb0022188_10155981.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-15 12:07 | 行事
一日遅れて鏡開き(060112)
今日は暖かかったですね。3月下旬の暖かさだとか。

鏡開きは1月11日ですが、我が家では一日遅れ。
朝から餅を焼いて食べ、義母が作ってくれたぜんざいを分けてもらい夕食後に食べました。

鏡開きは鏡餅を刃物ではなく、手か槌で割り、汁粉などにして食べる行事で、帳開き、農始め、蔵開きとも言うそうです。(郷土誌「みなみくしやま」による)
我が家の場合、パック入りの小餅が入っていた「サトウの鏡餅」を飾っていたので、餅を割ることもせず、パックを開封しただけでした。
子ども達の朝食は餅をフライパンでバターで焼き、砂糖醤油をからめて焼き海苔で巻いたもの。

実はぜんざいに入れた餅は先月、近所の棟上で拾った紅白餅でした。。まっいいか。
b0022188_7524418.jpg
関東でいう「おしるこ」ですが、こちらでは「ぜんざい」。汁は甘くても小豆の味がしっかり残っていました。
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-12 23:58 | 行事
鬼火(060107)
鼻水&熱で保育園を休んでいた三女の熱も下がり
今年はじめての保育園へ。。
今日は鬼火たきでした。

去年までは八幡神社の境内で行われていた鬼火たきも
今年は隣接するデイサービス宮の裏で行われ、
園児達が見守る中、正月飾りなどがバンバン燃やされ
皆で今年一年の無病息災を願いました。。

b0022188_2331271.jpg
八幡保育園&デーサービス宮 鬼火たき

b0022188_2333574.jpg
煙がバンバン出て、次々と燃やしています

b0022188_2335280.jpg
餅はアルミ箔でくるんで少しずつ園児の口に、、



我が家でも船や家などに供えていた餅をおろし、
正月飾りなどを燃やし鬼火をしました(義父一人、、墓で)。
b0022188_2341689.jpg
松を燃やしたのを「鬼の骨」に見立てています。鬼除けとして玄関前に



鬼火はまたの名を「おんのほね(鬼の骨)」
郷土誌「みなみくしやま」には以下のように記述されています。

元来、正月十五日に行われる悪魔払いの火祭りで、
「左義長」という。島原地方では七日に行われるところが
多く、南串山でも不クルから七日に「おんのぼね」がなされてきた。
正月飾りを取りはずし、これに雑木を高く積み重ねて燃やす。
この火で体をあぶると、一年中病気をせず長生きするといわれている。
(後略)


正月飾りといえば、この辺ではしめ飾りを飾っていない家も多く、
さらには正月すぎても(夏でも)しめ飾りを外していない家もあります。
(謎だっっ)
昔はしめ飾りは自分達で作って、門松を立て、国旗を立てて
というのが普通だったのが、最近は簡略化傾向にあるようです。
日本の伝統が・・・と近所のオジさんがぼやいていました。

しめ飾りといえば、地域によってその形状は様々だそうで、
私の生まれ育った横浜とここ南串ではやはり違います。。
どうして形状が違うのか、その辺を知ったら楽しいでしょうね。

b0022188_2343725.jpg
近所の家のしめ飾り

b0022188_2345136.jpg
実家(横浜市戸塚区)の近所のしめ飾り
[PR]
by tenyomaru | 2006-01-07 23:28 | 行事