カテゴリ:魚( 50 )
ゼンゴ (120709)
水揚げ時にイワシと一緒に混じっているゼンゴ(小アジ)。
もちろん刺身でも美味。
でもイワシをたらふく食べているので、さっさと腹をとらないと鮮度が悪くなります。。
b0022188_20472283.jpg

今日は保存食の南蛮漬けを作りました!b0022188_20483884.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2012-07-09 20:49 |
ヨコシマサワラ&マツダイ (120701)
あ~フェイスブックには載せたんだけどブログのほうには書いてなかった!と思った写真等を載せますね。

天洋丸はまき網漁でカタクチイワシを捕っています。
当然、カタクチイワシを餌にしているその他の魚も網に混じります。
この前(6月14日)はヨコシマサワラが混じりました。
義母も長年魚を調理していますが、初めて見た!と言ってましたので当地では珍しい魚です。
b0022188_2251476.jpg
顔はサワラのくせしてこの模様・・・
b0022188_2252317.jpg
そして身はサワラよりも白っぽく身が固くてタイっぽい食感でした。やっぱりサワラのほうが美味しいと思います。。
b0022188_22543029.jpg

それから以前も紹介したマツダイ(6月29日漁獲)
b0022188_2303888.jpg
前回混じったときには食べなかったので、今回は刺身にしてみました。
見かけによらず、美味しかったですよ♪そして余ったのは塩コショウしてソテーして、醤油+マヨネーズをかけて弁当のおかずに入れましたが完食してました!

********************
昨日、今日と時化でしたが、このまま月夜間休みに突入してしまうのかしら???
あっという間に7月になってしまいましたね(汗)
[PR]
by tenyomaru | 2012-07-01 23:08 |
セスジボラ (120408)
最近パソコンの調子がすこぶる悪く、作業をしているとすぐフリーズ、、
ようやく写真が取り込むことができました。

3月後半は時化明け、27日、29日の晩に出漁し、今月は1日の晩に出ています。
b0022188_115535100.jpg

捕れているのは塩辛やローストオイルサーディンの原料にちょうどいいか、やや小さめのものですが、塩辛は残念ながら漬けることができませんでした××
脂がありすぎて生で食べるには美味しいですが加工用にはちょっと不向きかもしれません。

さてさて、2日朝の水揚げの際、見慣れない魚が一匹混じっていました。
b0022188_10223710.jpg
b0022188_1023993.jpg
顔はボラなのに20cmぐらいの体長で子持ち??一体なんだろう、と調べてみたところ、セスジボラだと判明。背びれにむかって隆起したスジがあるのが特徴です。(写真には撮ってませんでしたが・・・)
食用には向いてないそうです。

ここ数日、月夜間で休漁してましたが、明日は網仕事。まだしばらく月が明るそうなので出漁は見合わせます。
[PR]
by tenyomaru | 2012-04-08 11:58 |
いわし・あじ・さば (110621)
天洋丸は「いわし、あじ、さば」の採捕を目的として操業することを県から許可されています。
この日(6月15日)はマイワシ、カタクチイワシ、マサバ、マアジが一緒に網に入ってました。ちっちゃ。
b0022188_14471886.jpg
マイワシの丸干し(伯父作)は苦味が少ないので食べやすかったです。昔はこれで塩辛もつけたんでしょうね。
[PR]
by tenyomaru | 2011-06-21 14:52 |
ギマ2 (110206)
守山女性部加工組合の馬場さんが作ってくれたのはバタバタだけではありません。
4日にエタリイワシとギマを渡していたので、ギマもスローフード長崎交流会用のオードブルの一品として唐揚げに料理してくれました。

ギマを見たのも料理したのも初めて、という守山のお母さん達は、もちろん下ごしらえに悪戦苦闘したそうですが、「今度また獲れたらぜひまた分けてください!とても美味しい魚ですね。」と言って下さいました。

交流会には出席できなかったので、ギマの唐揚げは家に持ち帰り、夫にも食べてもらいました。感想は「ガンバ(ふぐ)の唐揚げっぽい。ウマイ!」と絶賛。三枚におろしたものを鍋に入れましたが、それも美味しかったけど、唐揚げのほうがもっと味が良かったです。
b0022188_9362391.jpg

居酒屋メニューに、骨付き唐揚げはピッタリだろうなぁ。
夫いわく、ギマじゃ名前がイマイチだから、「ツノカワハギ」「銀カワハギ」とでも呼び名をつければ受け入れやすくなるかも。
[PR]
by tenyomaru | 2011-02-06 09:41 |
ギマ (110204)
夫から電話があったのは朝の5時ちょい過ぎ。
「バラケ前の分は、イワシのサイズも大きめで揃ってるから、ローストオイルサーディンの原料にちょうどいいかも」と、さらに「ギマが混じってるから、ちょっとギマについて調べて」とミッションまで与えられました。

ギマで検索して、
ぼうずコンニャクさんの「市場魚介類図鑑」にすぐアクセス。。
ほとんど流通してないらしいが、中部地方では食べられてる?!

とりあえず、水揚げ時にギマを選別してコンテナにキープし、「鮮魚の達人」の山根氏に電話してみました。(山根さんは今まであまり流通しなかった魚に注目し、魚食普及に力を入れている仲卸の方で、業界ではかなりの有名人!)

うーんギマは難しいねぇ、といいつつも、お仲間の築地の仲卸さんのところへ送ってみて、と紹介してもらいました。山根さん、流石だわ・・・なんとか獲った魚を捨てないで利用する方法を見出したい、という漁業者の気持ちを理解してくれて感謝です。といっても、実際、日曜日を挟み、魚が到着するのは月曜日・・・・果たして大丈夫なのか心配ですけどね。

結局、ギマはイワシを水揚げする際に邪魔だったので、海へポンポン捨てています。普段から頻繁に網に入るわけではないので、ほとんど馴染みがなく、「毒は?!」「食べれるのか?」と誰も食べようともしないので、行き先は海の中です。
夕方、船の周りの水面には、夕日に照らされてピカっと光るギマの[ドザエモン]姿がちらりほらり、、

さて、私が持ち帰ったギマは、頭を落とし、鰭や棘をはずし、皮をむきましたが、まぁこれが面倒くさい。
以前書いたブログにも同じようなことを書いてました→こちら
処理が面倒だからこそ、魚屋さんがカワハギのような剥き身にして売ってくれれば、煮付けも気軽に食べられそうですよね。フグの仲間だから、湯引きも美味しいかも?!
とりあえず、今回は無難に鍋の具材用にします~
[PR]
by tenyomaru | 2011-02-04 22:31 |
イシガキダイ (110204)
先日、近所の養殖業者の方から頂きました。
b0022188_21201269.jpg
イシガキダイです。
こんなのも養殖してるんだぁ、と初めて知りました。
もう脂がノリノリで、刺身をバーナーで炙って食べたり、鍋物にしゃぶしゃぶのようにくぐらせて食べましたよ♪b0022188_212284.jpg
堪能堪能~
[PR]
by tenyomaru | 2011-02-04 21:25 |
珍しい魚 (110116)
昨日の水揚げの際、珍しい魚が混じってたと夫が持ち帰ってきました。
b0022188_12162870.jpg
水族館でみたことがありますよね~
ハタタテダイの幼魚です。
食用には不向きというか、食べろと言われても食べる気がしない。
[PR]
by tenyomaru | 2011-01-16 12:19 |
イワシ最高!(110109)
今朝水揚げした、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシ。カタクチはよく登場するのでいまさら写真は撮ってませんが、マイワシとウルメイワシです♪
b0022188_2214438.jpg
どうです、ウルメイワシも結構大きくて立派なものでしょ。
ウルメイワシといえば、目刺しや丸干しなどの干物、そしてカマボコの原料になりますが、実は刺身が美味しいと聞き、今日は刺身にしてみました。

これがウルメイワシの刺身。尾びいた後、さっと塩水で洗ったせいか、身もしまり、もちっとしてすごく美味でした。今度またウルメが混じってたら絶対また刺身にしよう、と思います。b0022188_224612.jpg
こちらはマイワシ。脂が適度にのってて美味美味。b0022188_2243953.jpg
カタクチイワシ(エタリ)の刺身。思ったよりも脂がなくあっさりとしてました。b0022188_2254627.jpg
青みの飾りもなくただ盛っただけのイワシ三点盛りです。b0022188_2262788.jpg
どれが一番美味しかったか、といえば、エタリと言いたい所ですが、今回は僅差でウルメの勝利!
[PR]
by tenyomaru | 2011-01-09 22:20 |
見かけない魚が・・・
先日(12月1日)、水揚げの際、見慣れない魚が入ったから調べて!と夫から託されたのがこの魚。
b0022188_8421479.jpg
魚に詳しい友人にメールしつつネットで検索したら、発見!

ツバメコノシロでした。

[Wikipedeaより抜粋]
ツバメコノシロ科の魚類は世界中の熱帯・亜熱帯域に分布する。多くは沿岸海域および汽水域で生活する一方、ボルネオ島など一部では河川に進出した種類も知られる。砂泥の海底付近を活発に遊泳し、底生生物を主に捕食する。
日本近海には少なくとも2属4種が分布する。数が多くないため日本で利用されることはあまりないが、東南アジアなどの熱帯域では食用魚として重要な存在となっている。

ツバメコノシロ科の仲間はやや細長い体型をもち、最大種では1.8mにまで成長する。胸鰭が2つの部分に分かれることが、本科魚類の大きな特徴である。下位の3-7本の鰭条は互いに遊離し、著しく伸長する。背鰭も前半の棘条部と後半の軟条部に分かれ、両者の間隔は広い。腹鰭は腹部のやや前方に位置し、尾鰭は深く二又に分かれる。椎骨の数は24-25個。


以上抜粋おわり。

コノシロぽいけどグチにも似てる。
あまり食べる気はしないけど、刺身でもまあ美味しいらしいです。結局、友人が国立科学博物館に送れば?というので3匹が我が家の冷凍庫で眠っています。次回珍しい魚が入ったら併せて送りたいと思います。。
[PR]
by tenyomaru | 2010-12-05 08:56 |