カテゴリ:魚( 50 )
秋といえばサンマ (090930)
太喜丸(マル井水産)が漁獲したサンマを頂きました。
b0022188_7301053.jpg
b0022188_7305397.jpg
やっぱり鮮度の良いサンマは刺身が一番。脂もちょうどよく乗っていて、美味美味!!
*******
太喜丸は、サンマ漁船で一番最初にLEDを導入し(今年で四年目)、若い太喜くんが船長として頑張ってます!!
[PR]
by tenyomaru | 2009-09-30 22:00 |
スナメリ (090709)
急いで漁協にいけばスナメリがいるよ。

と夫からの電話で漁協に走って行ってみると、
引き取りに来た熊本大理学部の方が計測中でした。。
b0022188_13282356.jpg
体長は160cm。児島の後ろ側にあった刺網にかかってしまったそうです。b0022188_133014100.jpg
去年も入っていましたね、という先生の話で、そうだった!と何とか思い出しました。→去年の記事はこちら
これはどうするんですか?と聞いたところ、
大学に持ち帰って冷凍しておき、来年の春に学生の解剖実験の標本として使用するとのことでした。スナメリも無駄死にではない、ってことですかね。。

ブルーシートに包まれて車に積まれたスナメリ。
b0022188_13411026.jpg
冷凍庫で保存されていたのかまだ体は冷たかったようですが、熊本大に到着するころは・・・・大丈夫なのかしら?
[PR]
by tenyomaru | 2009-07-09 13:55 |
見慣れぬ魚 (090613)
水揚げ最中に見慣れぬ魚を発見!口ががぱっと開いていたのでどうやら深海性の魚のようです。
b0022188_2312389.jpg

例のごとく「調べといて」と夫から頼まれ、
ネットやら本やらで調査開始。

その結果・・・
どうやらウミドジョウ(アシロ目アシロ科)のようです。
「水深100~200mのところで採捕される」らしく、底引き網では普通にお目にかかる魚とのことです。いずれにしても、水深が浅い橘湾では珍しいのでは?!

顔のアップb0022188_23243571.jpg

[PR]
by tenyomaru | 2009-06-13 23:50 |
最近、網にまじった魚など (090208)
最近、イワシが獲れずに、ゼンゴやサバを獲っていました。網にまじったもので、「あれ?珍しい」と思うものを少し紹介します。
(漁場は茂木沖)

イソギンチャクでしょうか、これは?毎回入ってました。
b0022188_10444516.jpg
マトウダイです。名前の由来は、体に的みたいな模様があるので、「的鯛(まとうだい)」という説や、馬面のため「馬頭鯛」とよばれたという説もあるそうです。b0022188_10532939.jpg
ホント馬面ですよね!b0022188_10553723.jpg
前にも紹介しましたが、ミノカサゴです。
b0022188_10581448.jpg
ゴツゴツした顔はダルマオコゼでした。可食部が少なそうです。
b0022188_10594989.jpg
ワニゴチ?トカゲゴチ?可愛いオトボケ顔です。b0022188_1145726.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2009-02-08 11:06 |
義父の釣果 (090104)
昨日、今日と探索がてらに釣りに行った義父は、連日、鯛を釣りあげています。本当はアラカブ狙いだったそうですが、なぜかアラカブは一匹もヒットせずです。残念!b0022188_18135417.jpg
アミを餌にしているので、戻ったらすぐに腹を出して処理してます。b0022188_18193648.jpg
予定では明日から出漁予定ですが、天気は大丈夫かしら??
[PR]
by tenyomaru | 2009-01-04 18:13 |
珍しいお魚 (081201)
朝から夫が、「これ何か調べて」と言って魚を持ってきました。
何だろう?珍しいな、と思う魚が網に入っていても、そのままポイと捨てられたり、踏みつけられていることも結構あるんですよね。

手元に図鑑が無かったので、頼りになるのはネットだけ。クリスマスプレゼントに誰か検索図鑑をくれないかなぁぁ

b0022188_152328.jpg
イカ墨で黒っぽいですが、キンチャクダイです。数日前ももう少し魚体が大きいのが入ってましたが、知らぬ間に踏みつけられていました・・・b0022188_1523471.jpg
ミノカサゴです。水族館ではよくみかけます。b0022188_155742.jpg
こんな顔してるんですよ。

ともに岩礁域の魚で、まき網に入ることはあまり今まで無かったんですけど、これも何かの影響??
[PR]
by tenyomaru | 2008-12-01 15:06 |
ヤーノイオ (080925)
研修生が近所の漁業者からヤーノイオ(標準和名:アイゴ)を分けてもらったため、義母に下処理&調理の手ほどきを受けました。これも研修。。
b0022188_3562162.jpg
アイゴのヒレの棘条には毒があるため、キッチンバサミでまず全部のヒレを切り落とします。そして、包丁で下ろすときに注意しなければいけないのは、内蔵を傷つけずに取り出すこと。内臓はアンモニア臭がきつく、そのため、寝小便をした子に対して「しょんべんしかぶりヤーノイオ」という囃子言葉があるくらいです(笑)。

皮付きのまま手際よく刺身にしたところで、沸騰したお湯に塩を入れ、さっと湯通しして氷水で冷やします。それで湯引きの完成です。b0022188_3565657.jpg
アイゴによる海藻の食害が磯焼けの原因だといわれていますが、処理の仕方、食べ方次第で美味しく食べることができるのです。磯焼け対策のためにも、首都圏の巨大消費地でアイゴを積極的に食べてもらいたいものですーーー
[PR]
by tenyomaru | 2008-09-26 04:05 |
スナメリ (080421)
たまたま昼前に漁協(橘湾東部漁協南串山支所)にいたところ、
「スナメリが入ったんで大学の先生が研究のため取りに来た」との情報あり。「まってぇ、写真撮らせて下さい」と駆け寄ったところ、間に合いました!!
b0022188_1533107.jpg

b0022188_15333618.jpg
児島のうしろの定置網に朝からかかっていたとのことで、今年になって漁協で確認したのが3回目らしいです。

大村湾のスナメリは有名だけど、橘湾でだなんて珍しい!
と思いきや、ネットで検索すると生息域で「有明海・橘湾」と書かれていたので、沖にスナメリがいること自体は珍しくはないみたいです・・・
でも、今まで捕獲されたとかいう話はほとんど聞いたことがありません。

b0022188_1623316.jpg
わざわざ佐賀大学から・・・・ご苦労様です。
(長崎大学の専門の教授が退官されたためだとか)
環境影響と死因の関係など、解剖して色々と調査されるそうです。人間の体重と同じぐらい(だいだい60kg)で、なかなか良い標本になる、と大変ありがたがっていらっしゃいました。私を漁協の職員と間違えたのか、「ありがとうございます、お世話になってます。」とやたら感謝されてしまいました。長靴履いて、上着もジャージだったから???
[PR]
by tenyomaru | 2008-04-21 16:11 |
コノシロ (080403)
網仕事はまだまだ続いています。
布津町から来ている乗組員の方が、1日にめかぶとコノシロを沢山持ってきてくれました。
b0022188_1616126.jpg
三枚に下ろして、塩して一晩おき、
甘酢に浸して一晩おき、
やっと食べれたコノシロの甘酢漬けのお味は・・・最高!
しめ鯖よりも美味い、と絶賛しながら食べました。

また誰かコノシロくれないかなぁ。。
(魚屋で買っても安いんですけどね)
[PR]
by tenyomaru | 2008-04-03 23:14 |
カンテンボヤ????(080310)
6日の朝、夫が持ってきたエタリとともに入っていた謎の生物。。
なんかの卵じゃない?と言ってネットで調べようにもわからず、、
b0022188_6473621.jpg
すっかり忘れていたところ、
あれはカンテンボヤという名前で、最近、底引き網にも沢山入るので、水産試験場でも調査している、と夫が教えてくれました。
カンテンボヤ???
ネットで検索してもなかなか詳しい情報がわからない。

なにしろホヤの仲間は数が多すぎます。
食用のホヤは主にマボヤですが、カンテンボヤと同じ科のフクロボヤ科には「マンハッタンボヤ」というのもいて、国内で多く確認される外来種(北米原産)なのだとか。

やっぱり図鑑が欲しいです。ネットだけでは調べるのは限界。。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-11 07:26 |