<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「味の箱舟」現地体験ツアー (060319)
長崎市、諫早市近郊の方々が参加する、「味の箱舟」現地体験ツアー(NPOがまだすネット主催、スローフード長崎協力)が本日、開催されました。風は強かったものの、天気は良くて一安心♪

雲仙こぶ高菜の料理体験、岩崎政利さんの圃場見学、そして南串山町の三木直義さん(エタリの塩辛愛好会会長)の水産加工場見学と塩辛の試食、京泊港で夫による簡単な天洋丸船団の説明、小浜町富津「海の駅」での塩辛試食&購入、というプログラムで参加者27名に楽しんでもらえたようです。

圃場見学の時間を若干短縮したため、エタリの塩辛に配分された時間が思ったよりも長くなり、三木会長による説明の時間も十分取ることができました。

b0022188_322489.jpg
テーブルの上には 1月25日漁獲のエタリイワシで仕込んだもの、3月5日漁獲のものと2種類を皿に出しました。後者は塩辛というよりもまだ塩漬け状態で、白粉の有無など見た目にも違いは歴然。

b0022188_3283182.jpg三木会長の説明に皆さん真剣に聞き入っていました。NHKとKTNの取材スタッフもカメラで撮影。ともにローカル放送ですが・・・

b0022188_3291436.jpg塩辛は樽から出してすぐのものが一番。
でも本当は、
もう少し日数を置いて発酵を進ませたほうが更に美味だし、秋に漬け込んだものに比べると、香り、味ともにちょっとモノ足りません。。

b0022188_332370.jpg煮干加工の手順を実際に機械を動かして説明して下さいました。始めて見た!と喜んでいる方が結構いらっしゃいました。


NHK「もってこい長崎5」で、4月3日の週にツアーの様子が放送される予定です。KTNは夕方「できたてGopan」で放送される、ということですが、放送日はいつかよくわかりません。。詳細がわかったらお知らせします~

実は、今回のツアーで配布した資料に「エタリの塩辛愛好会」のホームページアドレスを掲載したんですよね。4月開設って書きましたが、、、、これから作るんですよーー(汗)
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-19 23:03 | エタリの塩辛
あぁ失敗! (060318)
朝から一日中雨でした。
明日はいよいよツアー開催日。。うまくいきますように。

ところで、我が家の塩辛はどうなってるのかなぁ、と見てみたら、、、

何かニオイが違う、味も違う。

最近、春のように暖かい日が結構あったし、温度のせい?とも思ったのですが、樽を置いている場所はかなり光が差し込んでいたのに、プラスチックの樽に光を遮断するものを何も巻き付けなかったのが悪かった・・・・。光が発酵菌に悪影響を及ぼしたようで、やはり小屋の隅というか冷暗所でないと駄目なんですね。あーがっかり。
(義父に話したら、「光が当たったら塩辛は駄目」とあっさり言われました)

この失敗した塩辛は海に帰すとして、樽と重石は悪い菌?がついているので、次には使えないそうです。次回こそは、しっかり義父にレクチャーしてもらい、絶対に成功させてやる~
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-18 23:55 | エタリの塩辛
雲仙市議会は (060314)
ここ数日のテレビで「雲仙市議会研修旅行で全裸野球拳・・・」が放送され、ヘンな意味で雲仙市が有名になってしまいました。品位が・・・、などと色々批判されていますが、こんな騒ぎになるとは、と市議の皆さんは後悔してやまないのでは。

こうなった以上、まずは事実を詳細に、ありのまま市民に伝えて謝るべきではないのかしら。
一番知りたいのは、「脱ぐ」コンパニオンだと知って頼んだのか否か。

盛り上げるためにわざわざ頼んだ、ということでしたら、その市議が何らかの責任を取る必要性があるし、実際、席を外していたり、野球拳に気づいてなかった人もいるというのに、報酬カットの連帯責任なんて何かちょっとヘンですよねー。

市のホームページで「雲仙市議会」のアクセスが増加しているのは、何かコメントが掲載されるのでは、という期待感からでしょう。。
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-14 23:22
コノシロ (060313)
寒ーい一日でした。風が冷たくて強くて、夜には雪が舞っていました。。

今日は朝から、マス網(小型定置網)で漁獲したコノシロを頂きました。
(バタバタ動いていました)
b0022188_1525325.jpgコノシロは小骨が多い魚ですが、細かく包丁を入れて骨切りすれば、骨は気にならないし、刺身で食べたら脂が良く乗っていて、とても美味。


実は一昨日、近所のスーパーで3尾100円で売ってたのを買って食べたばかり。買う側は「安い!」と飛びついてしまいますが、消費者価格が一尾33円(税込)だなんて、漁業者は浮かばれませんね。
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-13 23:51 |
エタリの塩辛&雲仙こぶ高菜 無料配布 (060312)
エタリの塩辛&雲仙こぶ高菜はスローフード協会が「味の箱舟」計画に認定した国内9品目のうちの2品。それが、ともに雲仙市の特産、なのですから雲仙市としても大いにPRして欲しいものです。

今月26日に雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催される 
まちづくりシンポジウムin雲仙市 「農」と「観」でひらく新しい雲仙のカタチ の来場者に エタリの塩辛と雲仙こぶ高菜が無料配布されるとのこと。
おぉ~太っ腹!!

主催は九州電力長崎支店、シンクながさき
基調講演は「6次産業化による新しい農業への挑戦」 木之内 均氏
パネルディスカッションは奥村市長をはじめ、小浜雲仙の旅館関係者や農業者、がまだすネット事務局の方々などがメンバーです。
(雲仙市役所のホームページにそろそろチラシがアップされると思いますが。。)

あっチラシありました。 九州電力長崎支店のこちら

でも「農」と「観」だけじゃなくって・・・・「漁」も入れてヨ!!!
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-12 23:31 | エタリの塩辛
わんぱく教室~潮干狩り (060311)
今日のわんぱく教室(教育委員会主催)は国見町土黒で潮干狩り(アサリ)でした。何でも今日から解禁だそうで・・・
(今年度の国見での潮干狩り予定はこちら

母親達が「今夜の夕飯にするから、たくさんとって来てね~」と見送る中、子ども達13人と引率者2人が出発していきました。

b0022188_1103829.jpgそして、6時間後。。。戻ってきた次女がゲットしたアサリはこの通り。( 一晩かけて砂出ししたほうが良いと聞き、食べるのは明日の晩までお預け。)
どうだった? 次女に話を聞いてみると、
川を作ったり山を作ったり、砂遊びをしてたら、それだけ出てきた、

・・・・・もっと真剣に獲ってきてよっっっ!!
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-11 23:39
松尾農園 (060310)
同じ町内の日原(ひばる)地区にある松尾農園に行ってきました。

無農薬野菜をネット販売している松尾さんは、天洋丸の掲示板にも書きこんで下さったり、がまだすネットの関係でお会いしたりしてましたが、いったいどんな畑で野菜を育てているんだろう、と興味津々だったのです~

b0022188_2128204.jpgb0022188_21294284.jpg

ブロッコリー、レタスと色々な野菜が植えられていて、「これは?」とついつい質問攻め。。レタスは無農薬で栽培するのはやはり難しいそうで、できる時期が限定されるそうです。このレタスは5月頃収穫できるだろうとのこと。

b0022188_21324399.jpg「これがほうれん草?」冬の寒さに耐えた葉をちぎって口に入れてみると、エグミもなく、美味しい!生きるために、土の中の栄養を一生懸命に吸収しようとする「力」を感じます。


b0022188_2315876.jpgこちらがお目当てのカブ。ちょっと厚めにスライスして、エタリの塩辛と一緒に食べるとピッタリ、と松尾さんに教えてもらいました。ほんのりとした優しい甘さと瑞々しい水分のおかげで、塩辛の塩気が薄められてとても食べ易くなります。

b0022188_013770.jpgb0022188_022684.jpg
b0022188_024353.jpg上の2枚の写真は収穫時期を過ぎた白菜、なのだそうですが、葉が全然縮れてなく、まるで別の野菜。花は菜の花(左写真)みたいですよね(同じアブラナの仲間)。フライパンでサッと蒸してドレッシングをかけたら超ウマでした。

がまだすネットの農業体験ツアー、子どもと一緒にぜひ参加したいわっっ。

******
なお、松尾農園のホームページは こちら
現在、野菜セットが送料無料キャンペーン中。数量限定ですのでお早めに!!
******
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-10 22:07
ヒゲソリダイ (060309)
朝からヒゲソリダイを頂きました。
まだ生きていたのでそのまま冷蔵庫へ、、、(〆るのが面倒)

夕飯は三枚に下ろしてキレイに骨を取り、
塩して、ニンニクと一緒にバター焼きしました。

新鮮な魚はホントに美味です。
b0022188_1159432.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-09 23:56 |
スローフードツアー (060308)
今月19日に予定している、がまだすネット主催の「スローフードツアー」の打合せがありました。
長崎市近郊の方々を対象として、味の箱舟に選ばれた「雲仙こぶ高菜」「エタリの塩辛」に接する日帰り旅行です。

吾妻町守山女性部と作る雲仙こぶ高菜料理、スローフード長崎代表の岩崎政利さんの圃場見学、そして南串でエタリの塩辛を漬けている樽を前に三木会長による説明、小浜富津の海の駅でエタリの塩辛試食と販売 といったプログラムになっています。

具体的なタイムスケジュールや準備品などの打合せをしましたが、また来週最終調整をします。私はこれからエタリの塩辛料理レシピ作りに励まなくては!

最近、頭の中はエタリの塩辛ばかりだったりして。

ツアーについては、10日(金)の長崎新聞に掲載されるそうです。
内容はこちら
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-08 23:31 | エタリの塩辛
美味しんぼ「日本全県味巡り」取材 (060307)
以前、天洋丸の掲示板で漫画「美味しんぼ」の取材がこないかなぁ、なんて書きましたが、現実になっちゃいました。

今週6日~10日、20日~25日、「日本全県味巡り」長崎編の取材のため、原作者の雁屋哲さんが長崎をまわってます。窓口は県の物産流通振興課で、料理研究家の脇山順子先生が案内役を務められるとのこと。
(本日だけは、脇山先生は会議があり参加できないとのことで残念でした)

「エタリの塩辛」の取材はエタリの塩辛愛好会で対応し、こんな感じでした。
(慌ててデジカメを忘れ、携帯カメラで撮影)
b0022188_7565240.jpgb0022188_757795.jpg
ともに愛好会会長三木直義さんの加工場で撮影


まず、京泊港にある富永幸治さん加工場で、漬け込んだ時期の違う3種類の塩辛を食べてもらい、その後ふかしイモと一緒に、、(愛好会副会長:井上和則さんが実演)
甘いイモとの絶妙な組み合わせが受けたようです。
さらに、オリーブオイルでニンニクとエタリの塩辛を一緒に炒めて、
完全に魚体が溶けてしまった熱々ソースを茹でたジャガイモにかけて
試食してもらったところ、
これすごくウマイ とのお言葉を頂きました~

それからアワビの殻に乗せて焼いたり、色々紹介したのち、
場所を移動し、愛好会会長が漬けている塩辛を見学。
漬け込みの過程を説明し、またまた試食。

雁屋さんは何匹の塩辛を口にしたことか。。

さて、日本全県味巡り(長崎編)がビックコミックスピリッツ誌面に掲載されるのは、今夏ごろだそうです。どんな形で取り上げてくれるのか、今から楽しみだわ!!

そうそう、テレビ(NIB)もこの取材の様子を撮影していて、今週10日(金)の夕方放送予定だそうですよ。(夫がインタビューを受けてました)
[PR]
by tenyomaru | 2006-03-07 23:24 | エタリの塩辛