<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
NHKのど自慢、雲仙市から生放送 (071028)
本日、お昼のNHKのど自慢は雲仙市の雲仙メモリアルホールより生放送です。誰か知ってる人でるかしら?!楽しみです!!

********************************
久々に見た「のど自慢」。面白かったし、かなり皆さん歌が上手で驚きました!!南串在住の方が2人も合格しましたね~。
冒頭の雲仙市紹介でエタリの塩辛が紹介されれば良かったのに・・・NHK長崎の担当者に紹介したものの軽く却下されました。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-28 23:46
もうすぐ八幡神社のお祭です (091026)
今日は、諫早市の有喜中学校のまき網体験乗船があるので、夫も応援に出かけています。橘湾まき網漁業いさり火保存会が協力し、昨年に引き続き2回目の取り組みです。昨年は、森水産が担当しましたが、今年は田崎水産が担当。乗船し操業見学の後、お魚料理教室まで行うらしいです。素晴らしい取り組みですよね~

さて、朝(といっても10時頃)、子ども達を保育園に送っていったら、
今年の祭の当前地区である谷間川地区の人達が大勢でしめ縄を取り付けていました。
昨年のしめ縄を外して、新しいのを取り付ける、という行事を「注連縄却下祭」と呼んでいるそうです。b0022188_12104161.jpg

b0022188_12112284.jpg
ずいぶん大勢いますね~と話しかけたら、しめ縄作りの時にはもっと多く集まってたけど今日は少ないとのこと、谷間川地区は人数が多いのでうらやましいです。大祭当日(29、30日)はとても賑わうことでしょう。
長男は年長児なので、琉球太鼓を披露(奉納j)したのち、お下りの神輿をかついで、翌日のお上りは私も付き添っての稚児行列に参加します。雨が降らないことを願っています。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-26 12:12 | 風景
少し (071022)
あまり昨晩はとれなかったようです。
午後7時に出漁して、なかなか灯につかないらしいので、今晩は9時に変更。うーむ、捕れてるのかなぁ。。

今、天洋丸は人手不足が深刻になりつつあります。
漁業研修生も、ですけど、船をまわせる助っ人が現れることを切望してます。誰かいませんかーーー!!
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-22 23:55 |
今夜は出漁します (071021)
いや~めっきり寒くなりました。
今月中は半袖でいけるかと思いましたが、のども痛くなってカゼのひき始めのような感じなので、昨日から長袖生活・・・悪化しないようにしなくては。

さてさて、
一昨日、昨日は時化でしたが、今夜から天洋丸も出漁致します。

どんなのが捕れるかしら。楽しみです~
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-21 12:40 |
情報不足 (071014)
エタリの塩辛愛好会会長の三木直義さんが、塩辛を樽から出す、というので私も保管場所の漁協の冷蔵庫へ行ったところ、ちょうど神主さんと養殖業者の方々が船で出港するところでした。
がーーーーん、今日は「弁天様」で児島の宗像神社の祭だったようです。
b0022188_29548.jpg
夫に言わせると「知らなかったの?昨日、小松君(研修生)がしめ縄の手伝いしてたのに」って、、、最近、情報収集能力が欠如していて、困ったものです。知ってれば私も一緒に乗せてもらって、念願の児島「初上陸」をしたかったんですけどね。

南串山史談会でも今年は児島の植生調査を行う計画で、先月も現地視察があったんですけど、用事がありやむなく欠席しました。今度こそ、絶対児島に行くぞ!!!!

2005年の様子は 2005年10月の一言・・・ 

そうそう、三木会長の塩辛は「小浜海産」で販売中です。身が崩れ気味ですが、味は美味しいですよ!
新物を漬けようと待ってるのですが、肝心のエタリがいません!!
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-14 02:40 | 行事
はやし言葉 (071013)
保育園のバス遠足での車中で、
「やーやーや しーらんたい こーらんたい こーらんたい せーんせいにゆうてやろ」と悪いことをした友達に対する、はやし言葉が聞こえてきました。

以前、我が子が言ってるのを聞き、何それ?と聞き返して笑ってしまったやつです。
私が子どもの頃は
「あーらら こらら いーけないんだ いけないんだ せーんせいにいってやろ」って言ってたんですけどね。

郷土誌「みなみくしやま」では、子ども達の「おきまり文句」を紹介していて
(誰かが泣いたとき)
しーらんたいこうらんたい だあが泣かしたじゃろかい おどみゃなあんもせんじゃった

と書いてありました。昔は先生は登場しなかったんですね。

今の小学生は、そんなことは言わず、ただ「あーー先生にいうけん!!」だけらしいです。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-14 01:52
親子バス遠足 (071012)
12日は保育園の親子バス遠足でした。行き先は熊本市動植物園・・・南串から島原までバスで約1時間、島原からフェリーで熊本港まで1時間、そして動植物園までバスで30分。いや~長旅で、移動中は私はウトウトしてしまいましたが、子ども達はいたって元気でバスガイドさんが出す「なぞなぞ」に答えたり、フェリーではカモメに餌をあげたり、楽しんでいたようです。

熊本市動植物園に到着後、動物ゾーンから入場すると、次々と珍しい動物が登場、、、なかでも、孫悟空のモデルである「金絲猴(キンシコウ)」はやはり目をひきました。初めて動物園で本物の動物を見る三女は、最初は恐々でしたが慣れてくると「何これ?」を連発、、、でも名前を教えてあげても、猿の仲間は「これアイアイよ」、鳥の仲間は「これヒヨコよ」、だったりして。サイは「これカバ!」とサイであることを絶対認めようとしませんでした。うーむ。
b0022188_1173070.jpg
長男は動物よりも「遊具」・・・逸る気持ちが抑えられずに、遊具ゾーンへ。他の保育園・幼稚園・小学校と沢山の子ども達が集まっていましたが、さほど待たずに遊具で遊べるのも広いゆえでしょうねぇ。この笑顔、楽しそうでしょ!
b0022188_1184241.jpg
三女も電車に乗ってニコニコ顔です。
b0022188_1192255.jpg
奥には「とりで遊具」もあり、まだまだ遊びたい!という気持ちでいっぱいにも関らず、集合時間が迫り、大急ぎで残りの動物を見ながら出口に向かいました。11時半頃に到着し、2時15分にバス集合ですから、ホント時間が全然足りません。植物園には一歩も足を踏み入れてませんし・・・まぁ、帰りのフェリーの時間もあるし、片道2時間半はかかるので仕方ない話です。
b0022188_1243253.jpgb0022188_1244643.jpg
さて、帰りのフェリーでも「かっぱえびせん」をカモメにあげたり、子ども達は元気一杯。b0022188_1265522.jpg
今度は家族でゆっくり出かけたいものです。ちなみに、修学旅行で熊本市動植物園に行った長女は「何で修学旅行と保育園の遠足が同じ場所なの?!ズルイーーまた行きたい!」と文句を言ってました。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-14 01:33 | 子育て
雨 (071009)
雨がよく降ってます。外に出たくないほどですが、コインランドリーや買い物など行かなきゃどうにもなりません××
久しぶりのまとまった雨は農家の方達にとっては恵みの雨。土が湿ったからやっと畑にナイロン(マルチ)が張れるそうで、この雨の中、レタスの定植作業を行っている人もいらっしゃいます。(根がつきやすいとか)
先月から雨が少なかったからレタスの水やりはかなり大変らしいです。苦労して作った分、値段も高ければいいんですけどね~南串特産のレタスはホントに美味ですよ。

それにしてもよく降る。。。国道251号赤間~権田間は雨のため通行止めです。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-09 17:15
チーズ作り教室 (071008)
8日は北有馬町にあるエコパーク論所原で開催された、小浜町の酪農家松尾さん&南串山町の松尾農園松尾さん、W松尾さんによる「手づくりチーズ&ライスピザ作り」体験に参加してきました。

松尾まゆ美さん指導による「フェルミエチーズ作り」の手順は以下の通り。
あまり詳しく書いたらマズイかなぁと思い簡単に・・・

①牛乳を28℃~30℃にする。
(朝搾り、加熱殺菌処理した新鮮牛乳を使いました。)
②スターターを加え、15分間待つ。
(スターターとはヨーグルトのことで、乳糖を乳酸に変え酸性にし、凝固を促進させるそうです。)
③レンネットを加え、やさしくゆっくり混ぜ、40分間置く。
(レンネットとは子牛の第4胃袋から取り出した酵素で、これにより凝固します。)
④カードを攪拌し、ホエーを分離させる。
(プルンと固まったものをカードといい、ホエーとは乳清のこと。ヘラで格子状に攪拌するとどんどんホエーが出てきました)
⑤温度をさらに上げ、ホエーを取り出す。
(ボーっとしてたら40℃以上に・・・失敗?!)
⑥塩を添加し、ホエーを排出させる。
(塩水を加えちょっと濃いお吸い物ぐらいの塩味に)

どんどんホエーが出てくるのには驚き。塩を添加する前のホエーを飲んだらほんのりと甘くてかなり美味しい。きっと栄養も豊富でしょうねぇ。

完成したチーズはこれ!と紹介したかったのですが、写真を撮るのをすっかり忘れました。家に持ち帰って子ども達に食べさせたら「美味しいーーー」と大喜びで、お醤油、かけ醤油、めんつゆなどなどにつけると、あっという間になくなってしまいました。もっと食べたかった!!

自宅で手づくりチーズなんて作れるわけない、と思っていましたが、松尾まゆ美さんが独学で研究した結果生み出したこのチーズは、家庭でも簡単に作れるレシピになっているのです(温度も厳密でもなかったし)。牛乳は新鮮な低温殺菌牛乳ならOK、それと新鮮なブルガリアヨーグルト、そしてレンネット。。。レンネットはネットだと簡単に入手できるとのこと。
といいつつも、家じゃなかなかできないんですよね~、搾りたての新鮮な牛乳を使うのとはワケが違うでしょうし。。今度は子ども達を連れて、またチーズ作り教室に参加したいですね。

写真等、教室の様子はこちらをご覧下さい
島原農業改良普及センターのページ
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-09 17:14
美味!ヤーノイオ【アイゴ】 (071003)
昨日、夫が処理済みのヤーノイオ(アイゴ)を貰ってきました。ハマチの養殖生簀の近くで釣ったものらしいですが、毒のある鰭のトゲは全てカットしてくれ、エラ、腹も全て除去してくれてました。(内臓をキレイに出さないと臭い!)
この状態です。b0022188_15274767.jpg
たたきにしようかなぁと思いましたが、簡単に半分にカットして煮付けにしました。

脂が適度にのり、おいしーーーーーーーーーーーい。これは旨すぎる。感動。
さらに、身が厚い、骨が太くて身離れが良い、とても食べやすいのです。

そう、処理さえちゃんとすればすごく美味しく食べることができる魚なんですよ。今度、ヤーノイオがあったら、ちゃんと自分で処理できるようにしよう!

アイゴによる藻類の食害は磯焼けの原因の一つ、と言われて、その有効利用の研究がされてきましたが(参考)、わざわざ加工品にしなくたって、普通に食卓に登場すべき魚です。お魚料理教室では、アジなどの大衆魚よりもこういう魚を対象として料理法を教えるべきでは?!

ところでヤーノイオという名前、ヤーは矢のことで、毒棘が矢のようだからでしょうか・・・。イオとは魚の方言。正式にはイオではなく、「イヲ」ですね。ちなみに南串弁では、鯛を「タイノイヲ」、太刀魚を「タチノイヲ」、鯒を「コチノイヲ」って呼んだりしてます。
[PR]
by tenyomaru | 2007-10-03 16:08