「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
もうすぐ3月も終わりますが・・・ (080329)
夜中から雨がずっと降り続いています。

夫は網仕事。雨のため研修所で作業をしているそうですが、まだまだ何日もかかるとのこと。
先週から船も船底掃除やら整備をしていますし、毎日忙しそうにしています。

そして昨日、新しい研修生が研修所に引っ越してきました。
熊本の水産高校を卒業したばかりの青年です。
もう平成生まれが社会人だなんて×××

さてさて、我が家の子ども達は一番下を除き、私の実家に遊びに行っています!卒業&卒園旅行です。
26日に長崎空港を発ち
b0022188_15274982.jpg
楽しくやっているようです。

3人の姉兄が不在のなか、予想に反し、三女は姉達のことはほとんど口に出すことなく、淋しそうな様子も一切見せず、悠々と家で過ごしています。一人っ子生活を満喫できるのもあとわずか、2日には帰ってきますけどね!!

*********************
ちょっと電話してる間に、こんな格好で昼寝してました。
それにしても股関節が柔らかい、、と感心してたりして。
b0022188_15395149.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-30 15:33 |
卒園式 (080322)
長男の卒園式が22日にありました。
昨年までは日曜日に行われていましたが、今回は土曜の午後。通常通りの保育を行っているので式の間も三女を預かってもらえて助かりました。

b0022188_954743.jpg
緊張した面持ちの長男でしたが、式ではちゃんと
b0022188_955079.jpg
理事長先生から神社本庁証書を代表して受け取り、次には園長先生から保育証書を頂きました。
b0022188_957497.jpg
祝辞の後、年中児、年長児による「おくることば」があり、b0022188_9593472.jpg
そして、「思い出のアルバム」ということで一年間の行事を振り返った写真をスライドショーで紹介。年長さんの一年間は本当に行事が多く、様々な体験をさせてもらいました。。それにしても大きなモニターにびっくり。b0022188_1012178.jpg

b0022188_1023788.jpg
「おわかれのうた」を歌っている子ども達ですが、泣いている女の子が何人もいました。先生と、そして保育園と離れるのがさみしいんでしょうねぇ、保護者席でも涙している人も。。

閉会のあと、保護者による謝辞。保育園最後の子を持つお母さん8人が、順番に、心のこもった言葉を涙で詰まらせながらも述べてくださいました。そう、、長男も4年9ヶ月の保育園生活はおとなしい性格もあり、この子は大丈夫なんだろうか、、と心配の日々でした。しっかり成長しましたが、恥ずかしがりやで照れ屋さんは変わりませんね。
b0022188_1018582.jpg
何はともあれ、八幡保育園の先生方お世話になりました。
まだ三女が3年間お世話になりますが・・・まだまだ。。
b0022188_10194919.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-22 23:27 | 子育て
小学校卒業式 (080319)
長女の卒業式が19日にありました。
6年生の入場、国歌斉唱そして卒業証書授与、と続く中、外の雨と強い風で会場の体育館はガタンバタンと音がなって、「大丈夫かしら」と思うほどでした。涙雨????
b0022188_102230.jpg
b0022188_102246.jpg
卒業生&在校生による別れの言葉。b0022188_1043981.jpg
しっかりと堂々と大きな声が響き渡りました。

6年生で泣いたのは女の子一人だけだったそうで、いつもに比べると涙が少ない卒業式らしいです。でも保護者席ではすすり泣く声が・・・。我が子の卒業に際し、今までの様々な出来事や思いがあふれ出たんでしょうね。私の場合、全然泣くこともなかったのですが、長女から「最初の子が卒業したっていうのに涙がでないの?!」と言われました×××
でも、式終了後、退職された1年生のときの担任の先生が教室にきてくださり、子ども達に声をかけ、一緒に並んでいる姿を見たときには、思わずウルっときました。
(長女からの突っ込み、「えーーそこで?」)
b0022188_10275764.jpg
ホント、大きくなりました。
担任の先生から、これから大事にしてもらいたいもの3つの話がありました。
b0022188_10292073.jpg
いつまでも忘れてはいけませんね!!!

おまけ★★
今年の卒業記念制作は特別教室の案内板です。
b0022188_10142143.jpgb0022188_10145026.jpg
b0022188_10151877.jpgb0022188_1016190.jpg
b0022188_10174068.jpgb0022188_1019154.jpg
b0022188_1020744.jpgb0022188_10203425.jpg

[PR]
by tenyomaru | 2008-03-22 10:35 | 子育て
卒業記念登山 (080308)
長女は6年生で、もうすぐ小学校を卒業します。
というわけで、ほとんど毎年恒例となっている卒業記念行事「普賢岳登山」をしてきました。スタートは雲仙のゴルフ場近くの妙見駐車場、そこから登山道を子ども達と一緒に30分歩いて仁田峠へ向かいます。晴天に恵まれ、途中、上着は腰に巻き、腕まくりをして歩くほど暑くなってきて、汗をいっぱいかいている子もいました。
そして仁田峠に着くと、仁田峠スタート組(保護者の半分ぐらい)と合流し、総勢75人?揃って頂上目指して歩き始めました。

少し下ったり上ったりの歩きやすい道で思ったより楽勝?
b0022188_247583.jpg
と思いきや、雪が道の脇にチラホラ状態だったのが、だんだん増えてきて、すべるすべる~~~
b0022188_2431918.jpg
足場が悪く、「このまま頂上まで辿り着けるのぉぉ。。。」と不安の声をもらしながらも、なんとか頂上へ。

素晴らしい眺めで、苦労して登ったかいがありました。
b0022188_3132089.jpg
b0022188_249593.jpg
b0022188_2495723.jpg
b0022188_2503188.jpg
記念撮影も済み、さぁ下山!と思ったら、続々と上ってくる人の列。。南串第一小学校(長女は第二小)も同じく卒業記念登山で、一小の皆さんが上り終わるのを待ってから下ることになりました。私達は駐車場集合でしたが、一小の子達は自宅から歩きだそうで、すごいっっ。
b0022188_2542953.jpg
人でごったがえしてます。人口密度高っ。

下りは予想通り、さっさと下りる子ども達の後から、親達の「きゃー」の悲鳴があちらこちらで聞こえてきました。何人もお尻に滑ったあとがありましたよ~ 私?はい、手をついて足でさぐりながら慎重に下山しました。もう腕がパンパン!
次、登山する機会があったら、絶対スニーカーではなくトレッキングシューズを履こう。山を甘くみたらダメですね。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-13 03:14 | 行事
アイユタカとエタリの塩辛ソース (080307)
7日は小浜温泉旅館組合女性部主催で、アイユタカ&エタリの塩辛ソース試食会が開催されました。といっても、アイユタカ料理がずらり並んで圧倒・・・。
(アイユタカ・・・愛野町で主に作られている新品種のジャガイモです。)

そう、JA島原雲仙北串女性部の方々が腕を揮って下さったのですが、それはそれは「えっ、これジャガイモが入っているの?」と驚くばかり。アイユタカはさっぱりとしているのでデザートにむいてるかも。お餅やゼリーが美味しかったです♪
b0022188_220205.jpg
b0022188_2205530.jpg
b0022188_2203949.jpg
そして、ちゃんぽん番長に捧げる一品。ちゃんぽんコロッケ!(注:ちゃんぽん番長とは小浜ちゃんぽんマップを作成するなどPRに励む雲仙市観光課の林田氏)
b0022188_2214084.jpg
麺もカマボコなどちゃんぽんの具が入っているアイユタカコロッケです。私的には味があっさりしていたので、ちゃんぽんスープの味がすれば良かったのにぃと感じました。
b0022188_227594.jpg
私が担当したのは、バーニャカウダとパスタなど3品だけでしたが、蒸かしたアイユタカ+エタリの塩辛ソースはちょっと味が今ひとつ何かが足りない、てな感じで、あまり満足できる料理ではありませんでした。うーん、何が悪かったんだろう。本当の塩辛ソースは、板長さんによるプロの配合できっと美味しいものができるでしょう・・・。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-13 02:30 | エタリの塩辛
カンテンボヤ????(080310)
6日の朝、夫が持ってきたエタリとともに入っていた謎の生物。。
なんかの卵じゃない?と言ってネットで調べようにもわからず、、
b0022188_6473621.jpg
すっかり忘れていたところ、
あれはカンテンボヤという名前で、最近、底引き網にも沢山入るので、水産試験場でも調査している、と夫が教えてくれました。
カンテンボヤ???
ネットで検索してもなかなか詳しい情報がわからない。

なにしろホヤの仲間は数が多すぎます。
食用のホヤは主にマボヤですが、カンテンボヤと同じ科のフクロボヤ科には「マンハッタンボヤ」というのもいて、国内で多く確認される外来種(北米原産)なのだとか。

やっぱり図鑑が欲しいです。ネットだけでは調べるのは限界。。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-11 07:26 |
公民館活動 かまぼこ作り(080302)
公民館活動のモデル事業として、今年度西浜地区では老人会、婦人会、子供会を中心に地域一体となった活動を展開しています。七夕、ラジオ体操、クリスマス会など今まで子供会単独で開催しましたが、今年は地域の方々も一緒になって実施。交流が深まってます。
そして、初めての試みとして、まき網にまじった魚でカマボコを作ろう、という企画を挙げていましたが、ようやく3月2日に実施できました。

材料の魚は、グチ(イシモチ)とダゴイカ(シリヤケイカ)。天洋丸が2月に漁獲したものを漁協の冷凍庫で凍結保存し、前日から解凍したものです。
b0022188_1357639.jpg
b0022188_13573168.jpg
昔からカマボコ作りをしてきたオバちゃん達を先生に、子ども達もウロコをとったり、頭と腹を落としたり、三枚に下ろしたり、順々にトライしています。
さすが大人数。トロ箱に入っていた魚はみるみる間になくなりました。

三枚に下ろしたグチの身は、水に晒して、ミンチにします。
イカはざく切りにし、フードプロセッサーに投入。グチ900gに対してイカはだいたい300gの割合で入れています。
そして餅つき機を改良したカマボコ練り機で材料をまぜます。
(豆腐、卵、酒、砂糖、塩)
b0022188_1462227.jpg
そして、昔からの作り方、すり鉢ですりこ木を使ったやり方も体験。
b0022188_14573.jpg

b0022188_1465142.jpg
塩を入れた後で、私も(初)体験しました。うっ、お、おもい!腕が痛い、とすぐに疲れてしまうのに、べテラン主婦達は「あら、コツがあるのよ」と涼しい顔。

試食用はそのまま丸めて油で揚げ、あとはラップで包んで蒸しカマボコ用に。
b0022188_14111132.jpg
皆そろって、揚げカマボコと差し入れのホウレンソウの蒸しケーキを美味しく頂きました。10時から開始して昼抜きで、席についたのが14時過ぎ。疲れてお腹がすいてたのでなおさら美味しく感じました!!b0022188_14114294.jpg
b0022188_1410037.jpg
こんなに美味しくできたんだったら、また皆で作って売ろうか~、冗談でそんなセリフがでるくらい充実した「カマボコ作り」でした。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-10 14:18 | 行事
第一回エタリの塩辛試食会(080229)
2月29日に新物の「エタリの塩辛試食会」を開催しました。
ずらりと並んだ「エタリの塩辛」は16皿。おまけになぜかコノシロの塩辛も。これを全種類試食してもらって、外観、塩気、味をチェックしてもらおうということで、小浜・南串地区在住の認定委員を中心、旅館関係者、行政関係者などなど大勢の方に協力していただきました。
認定委員というのは、雲仙ブランドにふさわしい「エタリの塩辛」の味見役という位置づけで、①エタリの塩辛が好物 ②エタリの塩辛に深く関ってる ③エタリの塩辛に造詣が深い、という理由で選出しています。エタリの塩辛には味の幅がある、というのが大きな特徴でもあるのですが、実際、食べる人の「好みの味の幅」も大きいだろう、、、というわけで、今回の試食会は両方の幅を知るのが目的なのです。

b0022188_9345961.jpg
b0022188_93512100.jpg
塩辛だけじゃ食べるのが大変、と思い、ご飯、蒸かし芋、大根おろしも用意しました。大根おろし+酢で食べる、竹下家流は結構ウケたようです。
b0022188_937472.jpg
やはり全部味見するのはかなり苦戦したようです。b0022188_9375727.jpg
各塩辛については、一皿ごと漬けた人の名前は伏せて、原料魚の漁獲日(漬け込み日)、魚と塩の比率、の情報のみを提供しています。b0022188_94119100.jpg
味のチェックがだいたい終了して、もう塩辛はいや!と思った頃に、塩辛を使った料理(バーニャカウダ、塩辛トースト)をテーブルに並べました。こちらは予想通り好評!!

その後、カタクチイワシ(エタリ)の刺身、天ぷら、唐揚げ、フライも登場。これは、アルコールを用いた急速液体冷凍機によって冷凍したエタリを解凍したものを使っています。機械を借りている丸石水産の関さん夫妻によるデモンストレーションでした。全部の料理を作った奥様には感謝感謝です。
b0022188_9531030.jpg
農作物と違って海のものは毎日確実に手に入るわけではありません。エタリも旬の美味しいものをその時期の間だけでも毎日確保できたらいいですよね!!(旅館関係者にアピール)

最後、終わったときには、全ての塩辛の生産者を表示しました。

まだ結果集計は終わってませんが、予想通り、同じ塩辛に対して塩気が「甘め」「塩辛い」と評価しているケースもあり、塩気の感じ方についても個人差があります。味の好みも様々・・・さて、どう集計しようか悩むところです。
そもそもサンプル数が多すぎる!という苦情もチラホラ。だんだん麻痺してきて、結果の信憑性はあまりない、とも。

私は、といえば、裏でバタバタしてほとんど皆さんと話もできず、写真も撮れず・・・写真は雲仙市役所秘書課の井上様に提供して頂きました(多謝)。
片付けを手伝ってもらい試食会に参加できなかった荒木さん、申し訳ありません、助かりました!準備から手伝ってもらったお義母さん、助かりました。
そう、大勢の方の協力があってこそ何とかできましたが、次回はもっと円滑に進むよう内容を考えなくては。

今回の問題点・課題点は次回に改善できるよう、頑張ります。
[PR]
by tenyomaru | 2008-03-04 10:14 | エタリの塩辛