<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
まき網漁船等海難防止講習会 (110912)
長崎県旋網漁業協同組合主催による「まき網漁船等海難防止講習会」が開催され、橘湾で操業しているまき網漁業者(船長や機関長など)が参加しました。天洋丸は操船する方は全員参加!
座学と実技の二本立てで、座学の方は漁協本所会議室(小浜)、で海難事故の実態、防止・対策方法などについて、しっかり一時間、パワーポイントによる講義が行われました。
そして、場所を漁協前の岸壁に移り、サバイバル訓練がスタート。

膨張式ライフジャケットの着用方法を学び、膨張式救命筏の操作についての実習です。
b0022188_7571071.jpg
救命筏が入っているコンテナを搭載している船が沈没した場合、自動離脱装置が作動しコンテナが海面に投下、割れたコンテナの中から出た救命筏が勝手に膨らんでいきます。今回は、手動で引っ張ってコンテナを海に沈め・・・・b0022188_757397.jpg
b0022188_758031.jpg
今回のは25人乗り救命筏です!b0022188_7582377.jpg
ライフジャケットを装着した遭難者役4人(夫や研修生たち)が次々と海へ飛び込み、 救命筏に乗り込みます。b0022188_815176.jpg
動力はオール。筏の中には、飲料水、食料、信号、釣道具などが装備され、救助を待つまでの漂流生活にも備えてあります。b0022188_894224.jpg
筏が反転した場合のひっくり返し方も実習し、次は信号の取り扱い方。b0022188_819632.jpg
b0022188_8193966.jpg

以上、2時間に渡る講習会お疲れ様でした。
救命筏は20t未満の漁船には搭載の義務付けはありませんが、こういった体験をしたり見たりすることだけでも、今後役立つことがあるはず。。貴重な講習会だったようです。

さて、今回使った救命筏は検査切れ(使用期限切れ)のもの。再度コンテナに詰めると非常にコストがかかるらしく、廃棄処分されるとのこと。保育園のプールに再利用、というハナシもあるらしいですが、なんせ緊急用ですので耐久性が求められておらず、ワンシーズンしか使えず、かつその後は産業廃棄物として処分しなくてはいけないので引き取り手もないようです。。仮に海に浮かべてボートとして遊ぼうとしたら、遭難者だと思われ即通報されお叱りをうけることになります。なんかもったいないですよねぇ。
b0022188_8271449.jpg
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-13 08:36 |
小浜の夕陽 (110907)
南串の夕陽に間に合わず、小浜で撮影。
やっぱり小浜の夕陽はキレイ!!
b0022188_20403966.jpg
今日は飛行機雲がたくさん見えました。

今晩も出漁してます。昨夜のリベンジなるか?!
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-07 20:42 | 風景
「見んと!長崎」での放送について(110907) 
天洋丸の研修生が取材されたサイバネポスター発表会の放送は、彼らの分はまた後日・・・ということで本日は放送されないとのこと。告知したのにスミマセン!!!!

ビデオも録画予約したのに、ちぇ。
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-07 15:01 | 研修生
今朝の水揚げ(110907)
夜中に網をかなり破いたらしく、マルアジ、サバ、ウルメイワシが少ししか獲れていません。午後3時に集合して網修理をする予定。

夫の朝ごはんは、マルアジ、マサバ、ウルメイワシの刺身三点盛りです。鮮度が良すぎて旨味があまりありません。歯ごたえは良いですが。。
私的には塩水でさっと洗ったウルメイワシの刺身が美味しい!!
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-07 08:30 | 今朝の水揚げ
久々の出漁!(110906)
先月11日の晩に出漁して以来、3週間ぶりに出漁します。
18時に集合して網の積み替えをし、19時出港予定です。
************************
先日のサイバネのポスター発表会の様子が、明日7日(水)NHK長崎の「見んと!長崎」(18:10からの番組)で放送されます。
天草から参加した田脇水産の方が取り組んだシマアジの商品開発とともに、天洋丸の研修生である大石君も取り上げられるそうです。
会場で夫も撮影されていましたが、映るのかな?!
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-06 18:08 |
サイバネポスター発表会(110905)
休漁が続いている天洋丸ですが、研修生は、網仕事、片付け、船のメンテナンス、などなど作業をしています。
そんな彼らが平成21年度から受講している海洋サイバネティクスの集大成?「ポスター発表会」が、2日に長崎大学水産学部で行われました。
2年前の開講式の様子はこちら

研究テーマを決め、実験をし、とりまとめ・・・・というのは担当の先生方に多大なるお世話をしてもらったわけですが、発表するのは本人たち、緊張もしたことと思います。

天洋丸の研修生&従業員の発表テーマは以下のとおり。
小松和仁:「橘湾旋網漁業の漁獲物組成の季節変化」
b0022188_9545911.jpg
野嶋裕輝:「旋網漁業により発生する水中音の収録と解析」
b0022188_9573741.jpg
大石貴浩:「カタクチイワシ粗脂肪量多寡の簡易判定と季節変化」
b0022188_9585343.jpg
会場内は14枚のポスターの前に多くの人が群がり、熱心に説明を聞いていました。ひいき目でなく、大石君のポスターの前は特に人が多かったようにみえましたよ。

NHKのテレビカメラも入りその日のニュースでも何度か放送されました。
そして、翌3日の長崎新聞にも大石くんの写真がバッチリ掲載!(クリックすれば大きくなります)b0022188_109183.jpg

彼らは今度の閉講式をもって、サイバネプログラムを終了。この2年間で何を学び、何を感じたのか、じっくり振りかえり、それぞれ考えてもらいです。そして、是非、この体験を今後、仕事でも活かしてもらいたいと思います。
[PR]
by tenyomaru | 2011-09-05 10:11 | 研修生