平成24年10月3日付け長崎新聞記事 (121004)
10月3日付けの長崎新聞に掲載されていた、いさり火会勉強会の紹介記事です。
(クリックすれば大きくなります)
b0022188_9525458.jpg

[PR]
# by tenyomaru | 2012-10-04 09:54 |
橘湾まき網漁業いさり火保存会勉強会 (120930)
ご無沙汰していますーーー。
網は9月の半ばに2日間出漁したあと、ずっと休漁が続いています。
月夜間休み明けになりますが、時化ですね。。

さて、先月30日(旧暦15日)は「橘湾まき網漁業いさり火保存会」(通称いさり火会)の勉強会が開催されました。会場は小浜温泉伊勢屋旅館。

いさり火会の勉強会は年に1回行っていて、昨年は水産庁のウエカツさんに講演をお願いして、煮干の価格低迷を打破するためのアドバイスをしていただきましたが、今年は、「長崎県の水産政策とまき網漁業の将来展望」副題として「この仕事を次の世代に繋げられるのか」をテーマに「橘湾まき網シンポジウム」と銘打ちました。

参加者は約20名。橘湾のカタクチイワシを取材しているNBCカメラクルー、長崎新聞社、水産経済新聞社、建設新聞社の方にも取材してもらいました。
b0022188_8283586.jpg
基調講演として、まず、長崎県旋網漁業協同組合の顧問である小坂安廣氏から、長崎県水産業における「まき網漁業」と「橘湾のまき網漁業」の現状調査報告と煮干加工に関係し、小佐々地区の取り組みについての紹介をしていただきました。
長崎県水産業におけるまき網漁業の役割として
 ・まき網漁業の漁獲物は大衆魚のアジ・サバ・イワシで安価な鮮魚として消費者にとって重要。
 ・さらに水産加工原料(煮干、塩干品、練り製品等)や水産養殖飼料に利用されて重要な役割を担っている。
 ・網船、灯船、運搬船、合計約700隻、乗組員等の雇用人口は約3000人を有し、まき網の生産活動は、魚市、仲買、小売等流通業だけでなく、造船、機械、漁具漁網、燃油、船内生活物資等幅広い関連産業に貢献している。
まき網の重要さ、よくわかりますね~

b0022188_8314375.jpg

次に、長崎県議会議員で現在農水経済委員長を務めている山田博司氏に、自身の漁業に関する政治活動の報告、県の漁業許可に関する説明をしていただきました。
b0022188_8384112.jpg
担い手事業の要件緩和等に尽力してきた山田氏ですが、特に漁業に関しては当事者である漁師じゃなきゃわからないことがあるので、自らアクションを起こすアイデアを色々教えていただきました。

そして、限られた時間の中盛り上がったのが、その後のディスカッション。
b0022188_852978.jpg
b0022188_8522845.jpg
話題の中心になったのはLEDの光力規制についてや煮干の消費拡大についてなどなど。
ここで討議した内容はぜひ次のステップに進めるよう、いさり火会メンバーが一丸となって早急に対応してくれることと思います。

急遽声かけをして、勉強会に参加していただいた金澤県議、西彼地区のまき網経営者3名の方にはお忙しいなか本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします~
[PR]
# by tenyomaru | 2012-10-04 09:29 |
ヒルクライムチャレンジシリーズ雲仙普賢岳大会(120922)
ヒルクライムチャレンジシリーズ2012雲仙普賢岳大会が9月9日に開催され(8日は選手受付)、それに併せ、雲仙市物産市も開かれました。天洋丸ブースでは、自転車飯の素、エタリの塩辛、エタリクックなどを販売しました。

選手の皆様は百花台公園をスタートし、ゴールの仁田峠へ。その後、表彰式のある雲仙メモリアルホールへ、沿道の人達から拍手をうけて移動していきました。
b0022188_12281843.jpg
b0022188_12283357.jpgb0022188_12192166.jpg

そして関係者の来場を待っていた私たち・・・
b0022188_1220257.jpg
自転車飯が紹介された雑誌を広げ、b0022188_12213278.jpg
可愛らしくミニチュア自転車をセットし、b0022188_12221512.jpg
スタンバイしてましたが、思っていたほど選手の方、応援の方は来ませんでした×××

実際、競技している方の靴って歩くのに不向きだし、自転車を置く場所もないし、何よりも表彰式後、シャトルバスでほとんどの人が百花台に戻っていたし、動線的に無理があったようです。

まぁ初めての試みですから、事務局の方は相当大変だったようで、来年に期待したいと思います!!!

選手の皆様はお疲れ様でした~来年もぜひ参加してくださいね!!
[PR]
# by tenyomaru | 2012-09-22 12:30 | 自転車飯の素
ご当地パスタ教室報告 (120922)
遅くなりましたが8日に開催されたパスタ教室の様子を紹介します。
長崎県産のアスパラガスといりこを使って美味しいパスタ二種を作り、
皆さん楽しまれたようです♪
もちろん、いりこも好評でしたよ~

写真は日本パスタ協会の方に提供していただきました。
b0022188_1072725.jpg
b0022188_1075633.jpg
講師の黒川陽子さん。b0022188_10213052.jpg

展示品でPR!!ポスターは長崎県漁連から4種類頂いて、全て会場内に展示しました!
b0022188_1023368.jpg


レシピはこちら
[PR]
# by tenyomaru | 2012-09-22 10:27 | 煮干
まだ空きがあります! (120906)
先日お知らせしました9月8日(土)のパスタ教室ですが、午前中は満員になりましたが、午後はまだ空きがあります!
皆さん、ご参加くださいね♪
たぶん明日まで受付OKだと思います。

レシピとともに、パスタ、いりこ、アスパラのおまけ付で無料!!!

美味しいパスタ二品が貴方のレパートリーに追加されますよ~
[PR]
# by tenyomaru | 2012-09-06 10:29 | 煮干
いりこのパスタ教室案内 
日本パスタ協会主催の「ご当地パスタクッキングセミナー」が9月8日長崎で開催されます!

壱岐のアスパラガスと「天洋丸のいりこ」を使ったパスタ2品を実習・試食。そしてお土産付で参加費は無料です。
講師は黒川陽子先生です♪

詳しくは日本パスタ協会のホームページをご覧下さい。
詳細・申し込みはこちら


9月8日(土)10時~、14時~の2回、各回40名の募集です。
会場は長崎市弁天町の川島学園九州調理師専門学校。
メニューは
①アスパラガスのスープ仕立てスパゲッティ・いりこ風味
②いりことアスパラガスの醤油ベースのペンネ

協賛・後援はJA壱岐市(アスパラガス提供)、天洋丸(いりこ提供)です。

多くの方の参加・声かけにご協力を!!!

当日使用するいりこ↓
b0022188_9394135.jpg
[PR]
# by tenyomaru | 2012-08-20 09:41
今朝の水揚げ(120820)
夜中の水揚げはほとんどがウルメでしたが、
b0022188_9182646.jpg
バラケはタレとウルメは半々ぐらい。
まとまって捕れていますが餌行きです。
b0022188_9193516.jpg
b0022188_9195762.jpg
今夜もまた19時出港!!!
[PR]
# by tenyomaru | 2012-08-20 09:21 | 今朝の水揚げ
今朝の水揚げ(120819)
昨晩から出漁していますが、混じりが多く、餌として出荷しました。
今朝の水揚げの様子。
b0022188_2349611.jpg
b0022188_23493562.jpg
バラケ前の分ですが、氷がきいてなくて、あまり魚体の状態も良くなかったです。バラケはキレイだったんですけどね。
上からカタボシイワシ、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシ、そしてエソ。

今晩も出漁しています!!
[PR]
# by tenyomaru | 2012-08-19 23:53 | 今朝の水揚げ
今夜は出漁しています!(120818)
お盆休みも終わり、天洋丸も今夜から出漁しています。

混じりが多いみたいですが、詳しくは明日の朝!!
[PR]
# by tenyomaru | 2012-08-18 23:39 |
なんじゃこりゃーー(120810)
漁の方は、月夜間休みに時化も続き、今月はまだ一度も出漁してません。

昨日、夫たちが伝馬船をあげたところ。。。
b0022188_8533936.jpg
b0022188_8535468.jpg

なんじゃこりゃー

でしょ!!!
b0022188_855564.jpg

白いというかよくみると透明で、表面がぷつぷつしていて、枝のように分岐しているので、藻類??にしてはちょっと変。
今まで夏場に船を上げたときにこんなのがついてたことはなかったのに、なぜ、今、京泊港で異常発生してるの??

という疑問を解消するために、水産試験場に電話で問い合わせたところ、

なんと、触手動物門苔虫鋼櫛口目フクロケムシ科のホンダワラコケムシだろう、ということでした。

ホンダワラコケムシ
若い群体は透明で線香花火のようにみえるが、成長すると全体に黄褐色を帯び、海藻のホンダワラそっくりになる。枝は三分岐し、各枝の左右に個虫が列生する。船底、貯木場の材木、魚網の浮き玉などに付着することが多く、海中に垂れ下がって成長する。

というやつで、この時期、結構一般的に見られるらしいです。

でも今まで見たことないんですけどねー
海の生き物はわけわかんないのが色々います。

ちなみに、船底の半分だけ大量のフジツボとともにくっついてた理由は、左右で塗ったペンキの種類が違っていたそうで、防汚効果がこれだけ違うとはびっくりですよね。
[PR]
# by tenyomaru | 2012-08-10 09:28